カナダ留学進学ワーホリビクトリアバンクーバーカルガリーロンドントロントオタワモントリオールハリファックスフィリピンセブ留学手配手数料無料 HOME
カナダ最大留学エージェント BRAND NEW WAY 留学相談お問い合せ学校料金お見積もり


カナダ都市別ガイド ビクトリア バンクーバー ケロウナ カルガリー ウィニペグ
ロンドン トロント オタワ モントリオール ケベック ハリファックス
HOME留学情報語学学校アジアフィリピン > フィリピン留学のススメ

カナダ都市紹介
カナダ留学スタイル
カナダワーキングホリデー
カナダ語学学校
カナダ専門学校
カナダカレッジ
カナダ大学
カナダ大学院
カナダ大学附属語学学校
カナダ高校留学
アジア
フィリピン





フィリピン留学のススメ

フィリピン留学は、日本でも一般的になり、国別で最も日本人留学生が訪れる国となっています。

その理由は、フィリピン留学は英語力の向上にとても有効で費用対効果の高い留学だからです。実際に皆様が想像される以上にフィリピンの講師の質は高く、そして学校が提供する教育の質も高く、マンツーマン主体のレッスンにより短期間で効果的な英語学習が可能です。

フィリピンとカナダの 2ヶ国留学を取り扱う立場として、また実際に 2 ヶ国留学を経験した方々からの体験談を聞くと、皆さんがお持ちのフィリピン留学のイメージと、実態は大きく異なっているため、是非こちらをご覧頂き、フィリピン留学のメリットをしっかり捉えていただき、また注意するポイントについても把握いただくことで、フィリピン留学はより魅力的に、効果的になります。

フィリピン留学のメリット

フィリピン留学のメリットは、質の高いフィリピン人講師のマンツーマンレッスンでの英語学習を受けられる点が挙げられます。

特に英語初級で英語力がない方、そして海外が初めてで英語に自信のない方が、海外生活に慣れ、基礎英語力を高めるのに有効なだけでなく、英語力上級の方がより専門的な、高度な英語力を身につける、ご自身の英語力の弱点を埋める上でマンツーマンレッスンはとても有効です。

さらに、英語を学校で徹底的に学ぶという環境のため、英語学習に集中でき、短期間で効果的な学習効果を得られる点でも効果的です。

またフィリピンは海と山に囲まれた国ですから、自然豊かな、リラックスできる環境で英語を学ぶことができるという点もフィリピン留学の魅力の一つかもしれません。

マンツーマンレッスンが中心 フィリピンでは大卒の優秀な講師が採用できる一方で人件費は安めのため、マンツーマンレッスン主体の授業となっています。マンツーマンレッスンは特に英語初級の方が基礎英語力をつけ、英語に自信を持つために有効である一方で、英語上級者がより専門的、高度な英語力を身につけるのにも有効です。
授業時間は長め フィリピン留学は英語合宿です。朝から夕方まで平均 8-10 時間程度の学習が可能で、まさに英語漬けの毎日を送ることで、生活スタイルを英語学習に特化することで、効果的な英語学習が可能です。
日本人カウンセラーがいる フィリピンのほとんどの学校に日本人カウンセラーが常駐しており、学習面だけでなく生活面も含めいつでも日本語で相談できる環境ですのでとても安心です。
スパルタ制度による管理された環境 フィリピンの多くの学校でスパルタないしセミスパルタの教育が行われており、学生は学校のカリキュラムに沿って規則正しい生活を通じて英語力を伸ばすことが出来ます。
専門コースが充実している フィリピンの学校では、学生の英語力や希望に合わせて様々なコースがあります。TOEIC、IELTS や TOEFL などの試験対策か、進学準備、ビジネス英語だけでなく医療英語や英語教師など、様々な専門的な学習も可能です。
欧米への進学対策に フィリピン留学は欧米進学を目指す方にもお薦めの留学先です。欧米留学には英語のスコア、特にIELTS、TOEFL のスコアが必要となり、フィリピンでは各種英語試験対策の点数保証コースが有るなど、欧米進学の前の英語学習の場として効果的な学習が可能です。
アジア就職のチャンスも フィリピンは近年日系及び欧米の企業進出が盛んで、特に日系企業では日本語と英語が使える人材の需要は高く、就職のチャンスは多いです。またフィリピンは地理上他の東南アジアの国へのアクセスがし易いため、フィリピンをベースに東南アジアも含めた就職活動が可能です。
日本のものはほとんど手に入る フィリピンでは日本で売っている多くの物を手に入れることができます。ただし金額は日本と同程度か割高となりますので、似たようなものは中国系のものを買う方が安上がりです。
学生寮に滞在できる フィリピンのほとんどの学校には、学校の敷地内もしくは徒歩圏内に学生寮を所有しているので、学校の登校における心配はございません。常に他国の学生と一緒に生活することで日頃から語学力を伸ばしたり、異文化交流をすることができます。また、食堂もありますので食事の心配の必要もございません。
マリンアクティビティが堪能できる フィリピンは島国であるため、留学期間中に週末を利用してマリンアクティビティに挑戦することができます。カナダで挑戦できる機会は少ないので、学習の息抜きに挑戦してみるのもおすすめです。
航空券が安い フィリピンは地理的にも日本と近く、またフライト数も多いため、リーズナブルな価格で渡航ができます。
観光ビザで留学できる フィリピンでは最長 30 日間の観光ビザ(ノービザ)で滞在ができ、そして学生ビザの申請は現地で簡単にできるため、事前ビザ申請が不要で気軽に留学できます。

フィリピン留学のデメリット

現状のフィリピン留学は、留学ではなく英語合宿と言えます。ですから、渡航前にフィリピン留学のデメリットを把握し、本来の留学目的を果たすためのプランニングが重要です。

フィリピン留学はとても楽しいものですし、実はフィリピン留学をする留学生の 7 割は、英語を学びに来るのではなく、リゾート滞在目的の学生のため、学習目的の方は誘惑に負けず、しっかり勉強することが大事です。

また、マンツーマンレッスンの落とし穴として、先生は各学生のペースに合わせて授業をするため、学生自身がサボってしまうと学習効果がすぐに落ちてしまう点です。

こちらをご覧いただき、フィリピン留学の注意点を正確に理解し、効果的なフィリピン留学を実現するよう、参考になさってください。

英語教育の歴史が短い フィリピン留学は元々韓国の留学エージェントが欧米よりリーズナブルに学習できる環境、そして韓国式の学習スタイルに沿って英語の読み書きができる学生が、英会話力をつけるために家庭教師のようなマンツーマンの学習形態を取り入れたのが始まりです。
最近では欧米スタイルの学習方法を導入する学校が増えてきていますが、まだまだ課題は多いです。
英語環境があまりない フィリピンはまだ発展途上の国で、英語圏ではありますが英語が話せるのは一部大学を卒業した人々に限られています。そのため街では英語に触れる機会はあまりなく、学校以外で英語を使う機会は少ないです。学校でしっかり英語力を伸ばす必要があります。
アジア資本の学校が多い フィリピンでは最近日系の学校が増えてきてはいますがまだ 2 割程度で、フィリピン留学はその成り立ちから韓国系の学校が 7 割を占め、フィリピン資本及びその他の国の学校はごく少数です。
講師はフィリピン人が中心 講師はフィリピン人がほとんどですので、いくら英語力が高いと言ってもネイティブよりは英語力は落ちます。ただし、特に英語初心者のかたにとってその英語力は全く気にならないですし、仮に英語力上級の方にはフィリピン人でも英語が堪能で経験豊富な講師が担当になるので心配は不要です。
学校の管理制度が未整備 フィリピンでは現在のところ学校を管理、統括する組織がありません。各学校で独自に運営をしており、様々なバリエーションの学校がある反面、学校の実態は不透明で、特に経営的な問題や事故などの問題があった場合への不安が残ります。
一方で各学校が共同で学校運営、管理をするような組織も一部活動しており、今後フィリピンの教育制度及び環境は改善していくものと思われます。
治安には注意が必要 フィリピンは発展途上国です。日本と比べると治安は良いとは言えず、十分な注意が必要です。
だからこそフィリピンの多くの語学学校は敷地内を壁で覆い、24 時間体制のセキュリティを設け、学校内では安全な生活を保証しているので、外に出なければ全く問題がございません。一方で外出するときは十分な注意が必要です。
生活水準が高くない フィリピンは発展途上国であり、貧富の差が激しく、セブも含め殆どの都市にスラム街がありますし、ストリートチルドレンもたくさんいます。日本と同じ感覚では住めません。
ただし上記の通り学校内であれば安心安全な環境で過ごせますし、フィリピンのそういった側面を肌で感じることも勉強の一つだと思ってください。
国籍に偏りがある 学生の 9 割は日本および韓国人となり、国籍の偏りが激しいため、国際交流は望めませんが、一方でフィリピン留学のメリットであるマンツーマンレッスンの長所を活かした効果的な英語力の向上に特化して考えれば、フィリピン留学は十分効果的です。
日本人は多い セブだけを考えると、セブの留学生の数は韓国人より多く、多くの学校で半数程度の学生が日本人となっています。しかしフィリピン留学では 1 日の授業時間が長いため、しっかり授業を受けていれば英語を使う機会は多いですし、放課後も周りに流されず生活にメリハリを付け、予習復習をしっかりすること、そして必ず息抜きの時間も作ることで、本来の留学目的の達成に繋げることができます。
自主性が求められる フィリピン留学の実態として、日本人の 7 割は息抜きも含めた休暇目的で訪れる社会人と、卒業旅行も兼ねた、レジャー目的の方です。2ヶ国留学の目的の方は、フィリピンはとても楽しく誘惑が多いため、周りが遊んでいると流されやすいです。
だからこそご自身の強い信念が大事です。フィリピンで遊ぶことは楽しいですが、記憶に残らない楽しさです。カナダ留学は記憶に深く残る、将来に繋がるかけがえのない思い出となりますから、カナダ留学を成功するためにフィリピンでは徹底的に英語学習に取り組みましょう。
物価は意外と高い フィリピンは総じて物価は安いのですが、物の値段、特に日本人が欲しい物は全て輸入の場合が多く、島国のため他の東南アジアの国及び物価レベルを比べるとあまり安くありません。
同じ東南アジアの国であるマレーシアの方が経済発展していますが、物の値段はフィリピンのほうが高いぐらいです。

お問い合わせ

フィリピン留学についての評判、クチコミ、お問い合わせは BRAND NEW WAY までお願いいたします。

カナダ留学・ワーキングホリデー無料相談

3D Academy AELC Baguio JIC Bayside Blue Ocean Brilliant C2
3D AELC Baguio JIC Bayside Blue Ocean Brilliant C2
C21 C & C CEGA CELI CG CIA CIP
C21 C&C CEGA CELI CG CIA CIP
CPILS EG English Fella E-Room EV Face to Face ffiery
CPILS EG English Fella E-Room EV Face to Face ffiery
First English Genius HELP Howdy IDEA iYES LSLC
First English Genius HELP Howdy IDEA iYES LSLC
MK MMBS NILS OKEA Paradise PELIS Philinter
MK MMBS NILS OKEA Paradise PELIS Philinter
PINES QQ English SMEAG Talk TARGET UV ESL We Academy
PINES QQ English SMEAG Talk TARGET UV ESL We Academy