カナダ留学進学ワーホリビクトリアバンクーバーカルガリーロンドントロントオタワモントリオールハリファックスフィリピンセブ留学手配手数料無料 HOME
カナダ最大留学エージェント BRAND NEW WAY 留学相談お問い合せ学校料金お見積もり


カナダ都市別ガイド ビクトリア バンクーバー ケロウナ カルガリー ウィニペグ
ロンドン トロント オタワ モントリオール ケベック ハリファックス
HOME留学情報留学スタイルインターンシップ留学

カナダ都市紹介
カナダ留学スタイル
カナダワーキングホリデー
カナダ語学学校
カナダ専門学校
カナダカレッジ
カナダ大学
カナダ大学院
カナダ大学附属語学学校
カナダ高校留学
アジア
フィリピン





インターンシップ留学

北米企業でインターンシップを経験し、日本での就職に活かす

インターンシップとは、企業、公的機関、非営利法人などで、将来のキャリアアップの為に研修生として働く制度です。この制度は 1960 年代から北米で始まり、現在北米の大学生のほとんどがこの制度を活用し、就職活動前に行うインターンシップ、企業内研修を通じて就業経験を積み、就職へ結び付けています。

留学生も同様にインターンシップを通じて就業経験を積む事ができます。カナダの企業で、カナダ人と働く事により、英語環境の職場で必要なコミュニケーション能力ビジネスマナーを身に付け、日本や海外でのキャリアアップを目指しましょう。

こちらでは海外でインターンシップをする事の意義と、インターンシップについて、そしてインターンシップをする為の留学プランをご提示いたします。
インターンシップの本質

インターンシップは主に以下のような目的で利用されます。

@ 興味のある分野の仕事を短期間経験し、自身の希望に合うかなどの適性を見る
A 学校のプログラムの一貫として、実務体験をインターンとして行う


インターンシップは、企業が、求職者や学生に対してリアルな職業体験を提供するものです。特に、海外でのインターンの場合、現地の会社やビジネスパーソンの持つビジネスマナーや習慣など、日本と異なる点も肌で感じることができます。また、ビジネスで使われる英語など、一般英語クラス(ESL)では身に付けることのできない生きた英語を体験することができることも大きな魅力です。日本で就職を考える大学生の方、日本での職歴があるワーキングホリデーの方、カナダでの進学や就労を考える方にもおすすめです。

学校のプログラムの一貫としてインターンを行う場合、ご自身の興味のある分野や希望職種など、ある程度の希望をリクエストし、その範囲の企業の紹介や面接の手配(※サポートの内容は学校による)を受けることが可能です。 ただし、必ずできるということはなく、最終的にインターンとして採用されるかは企業側の判断ですので、十分な英語力と面接対策が必要です。キャリアチェンジを考えている方や、学生で職務経験がない方は、就職する前のお試し期間、スキルアップ期間として利用することができます。有給・無給、交通費支給など、ポジションや会社によっても待遇が異なりますので、手配を受ける場合や応募する時は必ず確認しましょう。

ただし、インターンシップを行えば、自動的に英語力や仕事スキルが身に付くと考えるのは大きな誤りです。あくまでどのような仕事かを見学する、体験する機会であると考えましょう。取組み方次第では、将来のキャリアアップや自身のアピールポイントにつながる経験にすることができますが、受け身な姿勢では雑用だけで終わってしまう可能性もあります。

また、例え無給であっても、企業で働く場合は基本的には就労できるビザが必要です。ワーキングホリデーの方は申請は不要ですが、学生ビザをお持ちで、受講コースの一部としてインターンシップを行う場合は、インターンシップ用に就労ビザの申請を行うことができます。(ページ下段のCo-opプログラムも参考にしてください)語学学校で英語(またはフランス語)を学ぶために学生ビザを取得している方や観光ビザの方は、インターンシップを行うことはできません

最後に、人気の会社や、スキルが必要なポジションにおいて、B最終的な雇用を目的とし、希望する会社やポジションにおいて雇用主に対して自身のスキルをアピールする、という目的でインターン制度が利用されることがあります。特にご自身で探される場合、悪意のある雇用者が実際には雇用する意思はないにも関わらず、無給インターンシップをオファーするようなこともありますから、安易に無給のインターンシップ、特に長期のものに合意しないように注意しましょう。

就職へのキャリア作り キャリアアップや就職のために、希望職種のインターンシップをすることで、就職後のミスマッチを防ぎます
北米のビジネスを知る 日本とは異なる仕事環境での就業経験は、グローバル人材への第一歩として有効です
ビジネス英語を学ぶ ビジネス英語、マナー、知識など、教室では得られない知識を得ることができます
高い自主性を身に付ける 学校で受け身で英語を習うでなく、積極的に自ら学ぶ姿勢を身に付けます
コネクションを作る インターンシップを通じて企業で得た人間関係を利用し、将来の就職に結びつけることも可能です

インターンシップ留学

カナダで、インターンシップ体験をしてみませんか。まず基礎となる英語力をつけ、インターンシップに必要な専門知識を学び、カナダの企業での就業経験を積む留学スタイルが近年人気です。

中上級以上の英語力 専門学校のコースを受講し、英語力をブラッシュアップしてインターンシップに臨みます。
インターンシップ応募 レジュメ(英文履歴書)の作成、面接対策を行います(※学校でのサポートが受けられる場合もあります)
インターンシップ 企業との契約期間、契約内容でインターンシップを経験します。(原則有給となります)
与えられた業務だけでなく、積極的に仕事を見つける姿勢が大事です。
就職 企業に評価され雇用オファーがあれば、引き続き働くことも可能です。 ※要労働ビザ
キャリアアップ 日本での就職活動でアピールすることができます。

インターンシップ留学の流れ
基礎英語を学ぶ 2-4 ヶ月 中上級(目安:TOEIC750)程度の英語力を身に付ける
専門知識を学ぶ 2-4 ヶ月 インターンシップに必要な専門知識を学ぶ
面接   希望する企業と面接をする
インターンシップ 1-3 ヶ月 企業でのインターンシップ
合計 5-12 ヶ月  

有給インターンシップについて

カナダでは原則高い英語力と専門知識を学んだ後、有給インターンシップをする形となります。

インターンをするためには専門学校の専門プログラムへ入学する必要があり、英語力の基準はTOEIC 700 点程度と高いですが、英語で専門知識を学び、更に高い英語力を身につけることで、プログラムの一環で有給でのインターンが体験できます。

おすすめとしては 1 年間のワーキングホリデーで滞在しながら英語力を向上し、インターンが出来る専門学校に入学し英語で専門知識を学び、有給インターンを経験されてはいかがでしょうか。専門学校への手続き後、働ける学生ビザの申請を行い、滞在を延長されることをおすすめいたします。

Co-opビザについて

カナダでは 2014 年 6 月1 日の学生ビザの規定変更やその他学校機関の改変により、英語やフランス語を勉強する語学学校のプログラムでは、インターンシップ用の就労ビザを取得することができなくなりました。発給を受けることができるのは、政府の認定を受けた、カレッジ・大学・専門学校(Vocational School) などです。ワーキングホリデービザ以外でインターンをされたい方は、Co-op ビザが取得できる留学プランをおすすめします。

Co-op ビザの取得には、ワーキングホリデーのような年齢制限がありませんので、満30歳以上の方でも Co-opプ ログラムに参加して、職務経験を積むことができます。


おすすめインターンシップ留学プラン

Gastown Business College 

ビジネス英語の授業からインターンシップまでを一貫して扱う、インターンシップの専門校。元は海外の有名大学で行われていた単位移行プログラム、INCIST(International Canada Internship Skill Training)を元に、インターンシップに必要な知識、英語力のトレーニングから実践的なインターンシップを経験出来る学校。提携企業は大手有名企業だけで250社以上あり、グローバルな企業、日系大手有名企業で経験を積む事が出来ます。

インターンシップ中もコーディネーターが、企業と生徒の間に入り、ミーティングを行うなど、サポートと評価を行ってくれる点も、満足度の高い点です。インターンシップ期間修了後、実際に就職に結びつく例も多く、カナダの企業への就職の機会を作るチャンスでもあります。

おすすめコース - INSICT-24 (25 時間/週)
9 週間のビジネス英語の講義と 1 週間の個別トレーニング、13週間のインターンシップのプログラム、そして最終週は再度最終的なテスト、審査を行う 24 週間のビジネストレーニングプログラムです。授業は他の学校とは全く違うアプローチで進められます。とにかくインターンシップに必要なビジネスシーンでのコミュニケーション能力を語学力だけでなく知識も含めて学んでいく実践的な内容です。

約半年に渡るコースですが、企業でのインターンシップの期間が十分あり、将来的に就職のチャンスを探りたい方、北米の企業での就業経験を積みたい方には最適のコースです。修了後には、デイプロマが取得出来ます。

有給インターンシップの手配も可能です。※ 有給の場合、サービス業となる場合も多いです。

おすすめプラン
INCIST-24 24週間 ビジネス英語コース
  ※13週間 上記にインターンシップ期間を含む
合計 24週間  

海外インターンシップについて

カナダでのインターンシップは英語力の条件や職種や業種についての規制が厳しいため、もしかしたらご自身の希望する環境でのインターンは難しいかもしれません。では海外の英語環境でインターンシップを経験するにはどうしたらよいか。その答えの一つとしてアジアでのインターンシップ、特に環境の整ったフィリピンでのインターンシップを検討されてはいかがでしょうか。

カナダで留学、ワーキングホリデー後、海外の企業やグローバルに展開する外資系企業でインターンを希望される場合、そして日本帰国後の就職対策として、海外インターン経験を積むためにフィリピンでのインターンシップはとても効果的です。

カナダでの留学、ワーキングホリデー終了後、日本帰国前にアジア地域での海外インターンを経験されてはいかがでしょうか。

下記リンクにて海外インターンシップについて詳しくご説明させていただいておりますのでぜひご覧くださいませ。


弊社手配について

BRAND NEW WAY では、提携学校と協力して、総合的な英語力を身に付け、希望するインターンシップを経験出来る様、様々な情報を提供しております。お気軽にご相談ください。

入学代行手続 無料 留学カウンセリング、手配料無料

カナダ留学・ワーキングホリデー無料相談