カナダ留学進学ワーホリビクトリアバンクーバーカルガリーロンドントロントオタワモントリオールハリファックスフィリピンセブ留学手配手数料無料 HOME
カナダ最大留学エージェント BRAND NEW WAY 留学相談お問い合せ学校料金お見積もり


カナダ都市別ガイド ビクトリア バンクーバー ケロウナ カルガリー ウィニペグ
ロンドン トロント オタワ モントリオール ケベック ハリファックス
HOME留学情報大学University of Toronto トロント大学

カナダ都市紹介
カナダ留学スタイル
カナダワーキングホリデー
カナダ語学学校
カナダ専門学校
カナダカレッジ
カナダ大学
カナダ大学院
カナダ大学附属語学学校
カナダ高校留学
アジア
フィリピン





トロント大学 University of Toronto School of Continuing Studies

University of Toronto School of Continuing Studies University of Toronto
ユニバーシティ・オブ・トロント

#4-106, 252 Bloor St West, Toronto, ON M5S 1V5
St. George 駅直結
416-593-1446
http://english.learn.utoronto.ca

設立 1968 年 生徒数 夏 500 名 冬 300 名 講師数 20 名
教室数 20 クラス 1クラス人数 平均 12 名 最大 16 名 日本人スタッフ -
国籍比率
  日本 韓国 アジア アラブ 中南米 ヨーロッパ カナダ その他
夏季 20% 10% 20% 15% 15% 10% 0% 10%
冬季 20% 10% 20% 15% 15% 10% 0% 10%
学校設備 ・冷蔵庫 ・電子レンジ ・ラウンジ ・カフェテリア
コース ・Academic English (1-4 レベル)
・English Plus (1-5 レベル)
・Academic Skills for University
授業料
入学金: $0
教材費: $0
保険料: $145.20/12週
2017   4週 8週 12週 16週 24週 36週 48週
Academic English (20h/w)   - - 5,655 - 11,310 16,965 22,620
Advanced Academic Skills (20h/w)   - - 5,655 - 11,310 16,965 22,620
English PLUS (20h/w)   1,885 3,770 5,655 7,540 11,310 16,965 22,620
※表記は全てカナダドル

無料見積     LINE 相談  
s
s
大学 附属語学学校 夏季プログラム

カナダトップクラスの大学(学部・大学院) 会話重視のプログラムがある
トロントのダウンタウン付近 入学日と授業の期間が決まっている
ESLの校舎は地下鉄の駅と直結している Academic English は1セッション12周間
大学の施設が使える English PLUS は1セッション12周間
図書館が複数あり、利用できる 現地で Academic EnglishとEnglish PLUS 両方共変更可能
一部の図書館は24時間利用可能 トロント大学への入学を優遇される
キャンパス内 Wi-Fi 利用できる 他大学やカレッジでも英語要件の提出が不要
英語圏のキャンパスライフを楽しめる 会話重視のプログラムがある
キャンパス内にフードトラックが来ている トロント大学の学部生との交流がある
キャンパス内にTim HortonsとSecond Cupなどカフェが複数ある  

カナダ最高学府、カナダ最高の英語教育プログラム

トロント大学附属語学学校は 50 年以上の歴史があり、世界 70 ヶ国から優秀な学生の集まる国際色豊かな学校です。そして、唯一トロント大学への進学がスムーズにできるため、授業内容も、生徒の意識の高さもトロント随一と言えます。また日本を含め世界中の有名大学からの語学留学を受け入れているのも特徴。講師陣はトロント大学附属語学学校で全員 15 年以上の講師経験を持ち、カナダトップクラスのプロフェッショナルによる、安定した高い英語教育を提供しています。

トロント大学附属語学学校の最大の特徴は、カナダ最高の講師陣。英語教師が目指す最高学府となり、英語教師が行き着く最もステータスの高い学校のため、カナダの中で選抜されたトップクラスの講師による授業が受けられることが挙げられます。そして留学生の質も高く、多くが母国でビジネス経験のある、各国のエリートが集まる、学習環境としては最高レベルの環境であることが挙げられます。講師も学生も社会経験が豊富なエリート集まる学校ですので、学校では英語を学ぶだけでなく、英語を通じてグローバルな視点を学び、英語を自由自在に操り、自己実現に繋げるための高度な学習を行います。

英語のコースは3つ:Academic English (12週間)、Advanced Academic Skills (12週間)、English PLUS (4週間) があります。Academic English (12週間) は、中級向けコースであり英語圏の大学の授業についていけるよう必要な英語の能力をあげるカリキュラムです。Advanced Academic Skills (12週間) は英語圏の大学の講義の受講とコミュニケーションスキルを学習し向上させるためのプログラムです。English PLUS (4週間) は初級レベルから受けれるコースであり、日常のシチュエーションに対応できるコミュニケーション能力を磨くコースです。

Academic English の料金の 3 分の 1 が English Plus の料金のため両方でのプログラム変更が可能です。はじめは、English Plus で登録していたが、英語力もあがったので中級以上レベルの Academic English に変更がきくので安心して勉強ができます。

University of Toronto はダウンタウンの近くにあり、ESL の校舎も同じキャンパス内にあります。カナダの大学の敷地はとても広く敷地内には、近代的で豊富な蔵書で有名な図書館やジムが複数あります。 ESL の校舎は、地下鉄の St George 駅から校舎に直結する改札があるため雨の日や冬にうたれることなく移動ができるため便利です。 ESL の生徒もトロント大学の学部生と同様に学校の施設が利用できます。なお、キャンパス内のジムは有料となりますのでご注意くだいさい。カナダで英語を学びながら英語圏のキャンパスライフを楽しめるのが大学附属語学学校の大きなメリットです。

トロント大生との交流プログラムも盛んに行われていて、カフェでの会話クラブや様々なボランティア、サークル活動にも参加できます。 Cultural Assistants というトロント大学の学部生がアクティビティ(火曜日から日曜日)を企画しています。CN タワーに行ったり、スポーツ観戦、ピクニックやMusic Club や Sports Club があるため、 英語学習だけではなく、大学生の友だちを作ってトロントの生活を楽しむことができるなど魅力的な環境を提供しています。 さらに、 @elp Magazine という雑誌が定期的に発行されています。この雑誌には ESL の生徒が書いたもの記事が載せることができます。

Academic English で一定以上の成績を取得すると英語要件(TOEFL や IELTS)が免除されるだけでなく、唯一附属語学学校の生徒だけがトロント大学への入学を優遇されます。また、トロント大学以外の4年制大学、カレッジにも英語要件の提出が不要となります。

University of Toronto やカナダの4年制大学へ進学を検討されている方やしっかりと英語を勉強しつつカナダでキャンパスライフを堪能したい方におすすめの学校です。

授業時間

09:00-13:00 授業
13:00-14:00 昼休み
14:00-16:00   無料選択クラス カフェ英会話 無料選択クラス  
※午前の部の場合
※Academic English の場合は基本的に13時から17時の午後の部となります。

コースのご紹介

しっかり基礎固め、アカデミック英語を学ぼう
Academic English (週 20 時間、13時-17時 ※レベルにより異なる場合もあり、12週間 )

Academic English トロント大学への入学準備や高いレベルの英語に挑戦したい方のためのコースで、4 レベルにわかれています。 4つのレベル分けは以下のようになっています。Level 30 (low Intermediate), Level 40 (High Intermediater), Level 50 (Low Advanced), Level 60 (High Advanced) です。Academic English の場合は基本的に13 時から17 時の午後の部の授業です。

入学日に行われるレベル分けテストの結果を基にレベル分けが行われます。レベル分けテスト内容は、リスニング・スピーキング・リーディング・ライティングです。なお、このレベル分けで Level 30 の英語力に満たしてないと判断された場合は、English PLUS (4週間)を受講することになります。

各レベルでは、大学での講義に必要な英語の能力、特にリーディングとライティングスキルを身に付け、授業の質も設定レベルも大変高いものです。授業ではライティング能力、エッセイ対策、リーディング、ノート・テーキング、要約、批評的思考などのスキルをいつ、どのように使うか理解する能力に力を入れた英語スキル全般が含まれ、カリキュラムや教材は本格的な大学環境を考慮した上で作成されています。

さらに、日本の大学と違い英語圏の大学でプレゼンテーションも多いため、アカデミックプレゼンテーションの知識を身に着けみんなの前で自信を持って話す練習することもできます。

受講生の多くは大学への進学、特にトロント大学に進学を希望される方が多く、他の大学附属語学と比べても、課題の多い、かなりタフな内容です。英語の授業で使われる教材は、実際にトロント大学での講義にて使用される教材を元に作成されたオリジナルのものです。

コースの最高レベル( Level 60 )を B 以上の成績で修了すると、大学本科入学の際の英語要件(TOEFLなど)が免除されるだけでなく、唯一附属語学学校の生徒だけが、トロント大学への入学を優遇されます。

入講日 (2017年)
Start 1/9 4/3 7/4 9/25
End 3/31 6/23 9/22 12/15
※7月3日(月)祝日

入講日 (2018年)
Start 1/8 4/2 7/9 10/1
End 3/29 6/22 9/28 12/21
※3月30日(金)祝日

進学のためのアカデミックスキルトレーニングコース
Advanced Academic Skills (週 20 時間、9 時-13 時、12 週間)

北米の大学での講義の受講とコミュニケーションスキルを学習し向上させるためのプログラムです。このコースでは、学生が大学で実際に学ぶ各学科に焦点を当てたコンテンツを使用し、大学での講義に備えた英語力を構築していきます。 すでに大学への入学が確定している方は必見のコースです。

授業内容は、大学での学習の上でのリサーチや学習管理について、レポート提出における効果的なライティング能力、大学での正しい英語の使い方の習熟、各種セミナーへの参加、マルチメディアを使用したプレゼンテーションスキルの学習、オンライン学習ツールを使用してのより高い大学教育の理解などを行なっていきます。

入講日 (2017年)
Start 1/9 4/3 9/25
End 3/31 6/23 12/15

English PLUS (週 20 時間、9 時-13 時、4 週間)

English PLUS は附属語学学校では珍しく、バランスの取れた広範囲での日常のシチュエーションに対応できるコミュニケーション能力を磨く、会話重視で総合的な英語力を磨くプログラムです。授業は月-金の 9 時から 13 時までで。レベルは5 段階に分かれ、英語初心者の方でも参加可能です。 

授業では、会話を正確に、流暢に自信を持ってできる様に学び、その中で英語で自分の意見や与えられたトピックへの説明や感想を自分で表現できる様にトレーニングします。スピーキングのために必要なボキャブラリーも豊富になるカリキュラムとなっており、ビデオや音楽などの分かりやすく身近な教材を用いて、リスニング力や理解力の向上にも期待ができます。

また、ディスカッションやディベートを通じ、英語での表現力を養い、身に付けていきます。実際に、毎週のClear SpeakingやPersonal Writing、ビジネス英語の授業、そして数多くの実践的なワークショップが授業に含まれています。また人気の放課後の無料英会話クラブに参加し、コーヒーや紅茶、クッキーを楽しみながら、ネイティブスピーカーと日常的な会話を練習する機会もあるのが特徴です。

毎週火曜と木曜の午後 2 時から 4 時までは、自由に参加できる Foucus Class があり、Business English、English Through Movies、Vocabulary & Structure、Test Preparation から選べます。さらに、水曜日にはトロント大学の学生と会話を楽しむ Coffee Chat、ゲストスピーカーを招いてのワークショップも開かれており、自分次第でより効果的な学習が可能です。

様々なシチュエーションから学ぶこのプログラムは初心者の方から受講が可能であり、大学附属にも関わらず1 セッション 4 週間と気軽に受講できるのも魅力の1 つです。

入講日 (2017年)
Start 1/9 2/6 3/6 4/3 5/1 5/29 7/4 7/31 8/28 9/25 10/23 11/20
End 2/3 3/3 3/31 4/28 5/26 6/23 7/28 8/25 9/22 10/20 11/17 12/15

入講日 (2018年)
Start 1/8 2/5 3/5 4/2 4/30 5/28 7/9 8/7 9/4 10/1 10/29 11/26
End 2/2 3/2 3/29 4/27 5/25 6/22 8/3 8/31 9/28 10/26 11/23 12/21

学校のツボ!

世界大学ランキングは東大より上、カナダの名門大学、トロント大学へストレートで入学できる
進学制度

トロント大学はカナダの名門大学であり、世界大学ランキング、カナダトップのトロント大学に進学をご検討されている留学生は年々増え続け、現在全体で 8,000 名の留学生がトロント大学で学ぶ、とても人気のあるプログラムです。

トロント大学へ入学志望する留学生が多いため、入学は大変狭き門となっています。その上選抜方法は基準が高いだけではありません。トロント大学への留学生の進学は、まず附属語学学校修了者が優先され、その次はトロント大学提携大学の附属語学学生へ、そして残りの枠を抽選で割り振られているため、もしトロント大学に進学したい方は、まずはトロント大学附属語学学校からの進学をお考えください。トロント大学以外にも、カナダ各大学への進学が附属語学学校の Advance、レベル 60 (1番上のレベル) をB 以上の成績で修了することにより可能となります。

また、トロント大学附属語学学校では、大学出願プログラムがあり、全ての英語プログラム受講生が利用できます。プログラムでは、専門スタッフが、在校生がトロント大学だけでなく、カナダの各大学に申込をする際の相談と手続のサポート無料でを提供しています。

提携している大学には McGill University、Carleton University、University of Waterloo、Trent University、McMaster Universityなどがあり、カナダの名門大学への優先入学も可能です。

留学生はトロント大学ならではの様々な特典が得られます
学生特典

1. 生徒主体のアクティビティー


@elp は 3 ヶ月に1 回発刊される生徒主体の出版物です。言語には英語が使用され、出版に携わることで英語力の向上にもなります。表紙には写真コンテスト優勝者の作品が使用される他、自身の体験談や思想など気軽に記事を投稿することもできます。

2. 大学進学希望者へのサポート
UAP(University Application Program)では進学のためのワークショップや個別カウンセリグを受けることができます。大学本科は通常、学部によって入学要項がそれぞれ異なっており、そのため進路や申請締切日を明確にし、きちんと把握することが非常に重要です。名門大学へ進学を考えていらっしゃる方には特にご利用いただきたいサービスです。

3. 社会活動の充実
トロント大学は地域社会への貢献も重要視しているため、学生は様々な種類のボランティアへ参加する機会が得られます。社会的活動やボランティアへの参加を通して以下のようなメリットがあります。
・ 将来の就職へも役に立つ経験値を身につけることができる
・ 生活環境を拡大し、様々な場面に遭遇することで英語力が向上する
・ トロントでしかできない体験
・ 有名大学ならではの豊富なコネクション(美術館など有名な機関でのボランティアの機会が豊富にあります)
・ 新たな出会い
・ 多数の校内イベントによる学生同士の交流
・ Certificate (20 時間以上の参加によりCertificateと呼ばれる修了証が贈与されます。Certificateは以降の仕事やインターンシップ探しにはもちろん、大学進学にも大きな助けとなります。)

4. 大学本科の学生による生活サポート
Cultural Assistants (CA)と呼ばれるトロント大学本科の学生がイベントなどの際に同伴してくれます。留学生の皆様がよりカナダ生活に慣れるよう様々なアドバイスをしてくれます。

5. 放課後の無料英会話クラブ&文法ワークショップ
毎週木曜 午後 2 時から 4 時に開講されているCoffee Chatは、会話力に自信がない方にオススメの無料英会話クラブです。

6. 大学内の様々な施設が利用可能
・ 近代的で豊富な蔵書で有名な図書館と書店
・ U of T Athletic Centre (有料)
プール、バスケットボールコート、スクワッシュコート、テニスコート等が利用できる他、ヨガ、空手、ジョギングなどのアクティビティーへも参加可能。
・ Hart House (有料)
プール、屋内運動場、ダンススタジオ、劇場、ジャズラウンジ等が利用できる他、スピーチや映画製作、ダンスなどの様々なクラスも開講しています。

7. 各種イベント案内&チケット販売
観光スポットやパーティー情報を始め、コンサート、展覧会、UofTの学生による野球チームやサッカーチームの試合観戦など様々なイベント案内及びチケット販売をしています。詳細はこちらのウェブサイトから→http://english.learn.utoronto.ca/student-life/social-activities/

パートタイムでも受講できます
夜間、週末パートタイムコース

トロント大学で更に勉強したい方、放課後の夕方からと週末に受講できるパートタイムコースがあります。学生は自分の受けたいプログラムを選択でき、また1週間に1回から気軽に受ける事ができるため、スキルアップを狙う社会人にも最適。足りないスキルをピンポイントで磨く事ができます。

但し毎セッション開講している訳ではないので注意が必要です。又申込は直接学校にて行います。

・ Advanced Speaking ・ Advanced Writing ・ Critical Listening ・ Critical Reading
・ Building Academic Vocabulary ・ Certification and Exit Testing-Academic
・ Writing Essentials ・ Business Writing ・ Professionally Speaking ・ Speaking Accurately
・ Presentation Strategies ・ Certification and Exit Testing- Professional ・ Advanced Grammar
・ Refine Your Grammar ・ Pronunciation ・ Conversation ・ TOEFL Preparation ・ TOEIC Preparation

BNWレポート

University of Toronto キャンパスツアー
初の試み!トロント大学見学ツアーに 33 名の方に参加されました。
この度、大学スタッフによるトロント大学のキャンパスツアーを行いました。トロント大学のスタッフによるキャンパスツアーは滅多にないことで、初の試みとなりましたが、当日は、暑い中 33 名の方にご参加いただきました!

トロント大学はトロントのダウンタウン、クイーンズパーク周辺に位置し、カナダ屈指の名門大学で世界的にも評価が高い大学です。 まず、トロント大学マネージャーであるBeckyさんからツアー参加者に挨拶があり、参加者全員にお土産としてサングラスをプレゼントいただきました!ツアー中、日差しが強かったということもあり、皆お揃いのサングラスをつけてツアーに参加しました。

St. George キャンパスからスタートし、ESL を見学後、大学敷地内を歩き、文学系の校舎であるTrinity College 内を見学しました。Oxford 大学をまねた作りとのことで、中の食堂はハリーポッターのモデルとなった、食堂にそっくりの作りで生徒さんは大興奮!皆さん、写真をたくさん撮ってました。また、奥にはピザ、グリークフードなども販売しており、購入してそこで食べることもでき、生徒はランチを持って食べに来ることも可能とのことでした。実際に多くの生徒がここで、ランチをしたり、外の中庭でランチを持参して、食べている人もいらっしゃるそうです。

次に Heart House 内を見学しました。ここではミュージックライブやアートなどの催しものが多く行われるとのことで、一般の人も無料で見ることができるとのことで案内いただきました。また、建物内にフィットネスもあり、多くの生徒たちが利用しているとのことでした。
Heart House 横にある Student Union の丸い天井部分が虹色になっていて、これはプライド(同性愛者の月間)があったため現在虹色になっているとのことで、ハロウィンやクリスマスにはそれらしいデザインに変わるとのことで、ちょっとした楽しみもあります。

St. George Campusでは、実際のクラスルームを見学させていただきました。大学生が実際に勉強している教室を見れたこともあって、キャンパスライフが覗ける瞬間でした。建物入り口すぐの階段手すりのドラゴンの飾りがあり、大学生がテスト前に幸運を祈るため、ドラゴンを触るそうです。生徒さん興味津々で、ドラゴンに触っていました。

トロント大学内には、映画産業が盛んなトロントならでは!映画の撮影に使われた建物等が多くあります。実際に映画撮影をされた場所も教えていただき、皆さん大喜びでしたよ!

今回のツアーは、大学スタッフの Mario さんが担当してくれました。とても気さくで質問しやすい雰囲気で終始笑い声が聞こえる楽しいツアーでした。
また、普段見ることができないトロント大学の建物内や実際のキャンパスライフを覗くことができ、参加してよかったです!楽しかったです!また参加したいです!との声を参加した皆さんから多くいただきました!
これらのキャンパス内での施設やアクティビティなどは、附属ESLに通う生徒さんも使用することができます。大学生との交流を持つこともでき、その可能性は自分次第!名門大学で英語を学ぶことに興味がある方はぜひ弊社までお気軽にお問い合わせくださいね!


生徒からの声

「まじめ」に勉強できるだけでなく、友達もできやすい学校  
Hiroki Kawabata さん

他の語学学校と違ってすごくきっちり文法やエッセイの書き方を学ぶ。

授業も全てプリントが用意されており、先生も電子ボードを使って授業を行うなど、効率が良いと思う。
学校の雰囲気も自分が前にいた ILAC よりは「まじめ」なような気もする。しかしアクティビティーが充実しているおかげで友達も作りやすい。毎日何かしらのアクティビティーがある。

生徒は大学のプログラムを利用して来ている人が多く、大半はブラジル人、残りが日本人、中国人、ラテン系、多少のヨーロピアン。まだ入学して1 ヶ月しか経っていないのでよく分かっていない部分もあるが、文章やエッセイの書き方を学ぶにはとても良い学校だと思う。

勉強も生活も充実する、最高の学校 
Takada Tomohiro さん

自分は大きく分けて Comprehensive English と Speaking English の 2 つのコースに参加しました。それぞれ12 週間ずつ受講したのですが、6 週間または 3 週間ごとにクラス替えがあるので、いろいろな人と出会い、会話するチャンスがあります。

Comprehensive のコースは、まさに英語の授業を英語で受ける、と言った内容です。文法やボキャブラリー、リスニング、スピーキングなどを総合的に学ぶことができます。Speaking のコースは名前の通り会話を重視した内容です。あまり堅苦しい説明をするというよりは、生徒同士のディスカッションに重点を置いています。とはいっても内容は先生によって若干異なるので、大体の傾向はこんな感じ、というくらいです。

唯一の欠点として、日本でも有名すぎるためか夏季には日本人の団体が留学に来ます。全員がそうとは言いませんが、モチベーションの低い学生も多々混じっているようで、あちらこちらで日本語が聞こえることも多いです。自分の意識を自分でキープする必要があるかもしれません。春季にはそういったことはなかったので、短期であるなら春がよい季節かとも思います。

学校自体は、駅に直結しており内装もきれいで、ショップやカフェもあり、充実した生活を送るには最適な環境だと思います。また学校がひとつの町になるほど広く、古風なレンガ造りの建物や近代的な建物がそれぞれ溶け込んだ町並みは、見て歩いて回るだけでも楽しいです。

(もし機会がありましたら、ぜひ Maurilio 先生を探してみてください。発音はクリアで,授業は常に発展的・実用的で、わからないことがあれば親切に答えてくれるすばらしい先生です。豊富な経験と、どんな会話にもついてこられる引出しの多さも、授業が楽しく分かりやすくなる魅力のひとつです)

総じて、帰るのが惜しいくらいに充実した留学生活を送ることができたと思います。楽しんで学ぶことのできる、最高の学校だと思います。 


写真集


大学正門

入口

ラウンジ

PCラウンジ

教室

授業風景

授業風景

先生と生徒

アクティビティ

アクティビティ

生徒

アクティビティ



地図



※Date Modified 2017/01/06
BNWレポート

University of Toronto インストラクチャー講習会 (2013年11月29日)
Shinが講師向けの講習会にアドバイザーとして出席
弊社スタッフShinがトロント大学(U of T)英語講師たちのためのトレーニングセッションに卒業生として参加してまいりました。

世界的に認知されている名門校トロント大学では、講師たちのパフォーマンスの質を高め、モチベーションを保つためにこうしたトレーニングセッションを定期的に行っています。

このセッションは丸1日行われ、その日の終わりには「講師たちは講習やトレーニング漬けになりぐったりしてしまうだろう」と、マネージメントチームは考えました。 そこで、今回初めて、マネージメントチームは卒業生たちをゲストスピーカーとして招き、活躍している姿を見せることで講師たちを労おうという試みがされ、Shinを含む6名の卒業生が招かれました。他の5名の参加者は現在トロント大学本科の生徒でした。

Shinは2009年にアカデミック・イングリッシュコースを卒業しました。現在にいたるまで進学、ホテル、サービス、そしてBRAND NEW WAY まで様々な環境に身を置きましたが、UofTでの経験と培った知識には今でも感謝しております。その感謝の念を示すためにも今回の招待に対し、有り難く承諾いたしました。

6名の卒業生たちが入室すると、講師の方々はうれしい驚きとともに、真剣な眼差で彼らを迎えました。卒業生ひとりひとりから講師たちへ話しをする間も、笑みが溢れ、まるで父親や母親のようで、英語プログラムを終了した今流暢に英語を話し、またイキイキした今の姿をみるのがうれしそうです。

卒業生の中には、カフェチャットという放課後の会話クラスに参加して英語プログラム在校生たちの英語学習サポートをする方もいました。
講師を思うマネージメント陣、生徒を思う講師陣、講師に感謝する卒業生、在籍生を手助けする卒業生。こうした人間関係もトロント大学が名門である証明でしょう。


U of Tで講師を務めるみなさん

卒業生のShinが講師達の前で発表します

在校中の生徒さんの発表

在校中の生徒さんの発表

お土産にロゴ入りマグカップを頂きました
 

お問い合わせ

トロント大学 University of Torontoについてのお問い合わせはBRAND NEW WAY までお気軽にお問い合わせください。

カナダ留学・ワーキングホリデー無料相談