カナダ留学進学ワーホリビクトリアバンクーバーカルガリーロンドントロントオタワモントリオールハリファックスフィリピンセブ留学手配手数料無料 HOME
カナダ最大留学エージェント BRAND NEW WAY 留学相談お問い合せ学校料金お見積もり


カナダ都市別ガイド ビクトリア バンクーバー ケロウナ カルガリー ウィニペグ
ロンドン トロント オタワ モントリオール ケベック ハリファックス
HOME留学情報カナダ留学のススメフィリピン・カナダ2ヶ国留学のススメ

カナダ都市紹介
カナダ留学スタイル
カナダワーキングホリデーカナダ語学学校
カナダ専門学校
カナダカレッジ
カナダ大学
カナダ大学院
カナダ大学附属語学学校
カナダ高校留学
アジア
フィリピン





2ヶ国留学のススメ

カナダで高い英語力を身につけ、そして国際交流やカナダの社会、文化体験の後、日本帰国後の就職活動に結びつけるために、国際ビジネス上で通用するさらに高い英語力を身に付けること、TOEIC 900 点以上を取得すること、そして現実的に日本が進出し、海外活動の盛んなアジアの社会、文化体験、さらにアジアの国際企業でのインターンや就労経験を通じて、世界に通用する人材となるためのフィリピンやマレーシアとカナダの 2 ヶ国留学のご提案です。

さらに、フィリピンも含めたアジア全体で、日系企業や国際企業、地元企業による日本人の現地採用の機会は、日本での就職活動より直接的により希望する職務環境を選べるという、カナダ留学後の英語環境での就職ではアジアでの就職が最も可能性の高い事から、今後アジアでの就職活動のためにフィリピン、アジアとの 2 ヶ国留学をご検討されてはいかがでしょうか。

フィリピンに関する詳しい情報は

マレーシアに関する詳しい情報は

マンツーマンレッスン

フィリピン留学では、マンツーマンレッスンによる個別指導が受けられることで、短期間で効果的な学習ができるのが特徴です。

特にフィリピンの全ての語学学校ではカリキュラムにマンツーマンレッスンが組み込まれており、特に数多くの語学学校があるセブでは全ての授業をマンツーマンで受けられる学校もあります。

マンツーマンレッスンのメリットは、特に英語初心者で海外が初めての方が、英語を学ぶ習慣を持ち、英語を話すことに慣れ、そして海外生活に慣れることです。そして欧米進学を控えた英語上級者が進学に必要なスコア取得のためのマンツーマンレッスンによる集中トレーニングを行うためにも有効です。

基礎英語力の習得のために密度の濃いフィリピン留学、アジア留学ができれば、2 ヶ国目のカナダなど欧米諸国への留学がスムーズにスタートでき、留学でのご自身の目標達成により近づくことができます。

費用がリーズナブル

フィリピンやマレーシアなどへの留学は、欧米の留学に比べ費用を抑えられるのが特徴です。

例えばマレーシアは欧米の学校と同様の、グループレッスンが中心で、学校も欧米の学校が開校している欧米スタイル、欧米の教育水準と同様の学校が多く、更に講師も欧米のネイティブ講師が中心となります。一方で費用は欧米の半分から 3 分の 2 の費用で抑えられます。要するに欧米の語学学校に通うのと同様のクオリティで価格を抑えて留学が可能です。

フィリピンではマンツーマンレッスンが中心となり、マレーシアに比べると費用はやや上がりますが、マンツーマンレッスンのメリットを考えるとやはりリーズナブルです。

アジア留学と欧米留学で世界を知る

フィリピン留学は、今のところ、フィリピンの社会とは切り離された安全な環境で、フィリピン人講師から英語を学ぶという、『英語合宿』 という表現が一番適切かもしれません。運転免許と一緒で、日本で通いながら免許を取るか、合宿免許で一気に取るかの違いだけで、フィリピンに先生がいるからオンラインレッスンでも、合宿としてフィリピンに行くかの違いでしかありません。

本来留学という意味は、その国の文化、社会を学び、その国で教育を受けることです。また語学留学と言うのは、語学を学びながら留学を通じて社会経験をするものであり、英語だけ学ぶというのは本来留学とはいえないです。

もちろんフィリピンでも本来の留学はできます。フィリピンも経済発展を遂げ、アジア経済の一角を担う国として、日本からの企業進出も増えている国です。実際にフィリピンで英語以外に学ぶことはたくさんあります。

またフィリピンの各語学学校でも、ただ英語を学ぶだけでなく、アジアの社会、文化を学ぶ、そして将来アジアで活躍する人材育成のため、『アジア留学』 の出来る学校が増えてきております。

マレーシアではほぼ日本と同様の生活水準であり、語学学校にもたくさんマレーシアの方が英語を学びに来ているため、そして治安面でも安全な環境のため、マレーシアの社会に溶け込む形での留学が可能です。

欧米圏への進学準備

カナダなどの欧米への海外進学をご検討の方へ、フィリピンやマレーシアなどのアジア留学と組み合わせた進学プランをおすすめします。

英語力中級、上級者にとっては、海外進学までの流れにおいて、ご自身の英語力、進学時期、そしてご予算によって様々な英語学習の選択肢があります。

海外進学前に英語中上級者の方が進学のための英語スコア取得を短期間で行うことはとても効果的です。 特に英語上級者はご自身の英語力の弱点を補うためには、フィリピンのマンツーマン教育は最も効果的な対策です。また、フィリピン留学で出来るだけ高い英語力を身に付けておくことで、実際の進学後に十分通用する英語力を磨くことも有効です。

一方で、フィリピンだけでなくカナダで語学留学するメリットも大きいため、ご自身の希望、目的に合わせてうまく組み合わせることが大事です。

マレーシアでは語学学校に寄ってはそのまま欧米の大学への編入が出来るプログラムも数多く用意しており、より直接的な進学が可能です。

アジアでの海外インターンシップ

日本でもグローバル化が進み、英語が話せることはアピールポイントではなく最低条件となりつつあります。実際に大手企業の TOEIC スコアの足切りラインは 600 点と設定されています。

さらに毎日コミュニケーションズの調査によると、2014 年以降、日本のグローバル企業では英語力のある日本人の採用ではなく、現地での適用性のある外国人採用者のほうが上回るなど、ただ英語が使えるだけでは就職には有利と言えない状況となり、留学生に求められるのは英語力だけでなくグローバルな環境でのスキルの高さが重要となってきております。

だからこそ、英語を学ぶことに加え、英語で将来の就職に繋げるためのスキル、経験を得る事が大事です。

英語力とあわせて就職に繋がるアピールポイントを作るためには、インターンシップはとても有効な手段です。 特にアジアのグローバル企業や日系企業でのインターンシップは、日本語が話せることも求められる場合が多く、英語力があまり高くなくても有意義な経験が積めますし、実際に働くことが求められる為欧米でのインターンに比べより実践的な経験ができ、しかも現実的にアジアでの就労経験は就職後のキャリアに繋がる可能性の高い経験です。

特にカナダ留学の後、英語力が向上した時点でのアジアでのインターンシップが有効です。ぜひアジアでのインターンシップを検討ください。 

海外就職のチャンス

将来外資系で働きたい方、グローバル企業で働きたい方、そして英語環境で働きたい方、もちろん留学経験を生かして海外就職は十分可能です。但し、最も確実で希望に沿った就職をするのであればどういった方法が効果的でしょうか。それはフィリピンやマレーシアなど、アジアでの海外就職です。

特に東南アジアは全体的に治安もよく、生活環境も整っており、日本を含めたグローバル企業の進出が盛んですが、慢性的な人手不足に陥っています。

すでに十分な英語力をお持ちの方、カナダ留学を経験された方、思い切ってアジアのグローバル企業への就職を検討してみてはいかがでしょうか。 

特にマレーシアは英連邦であり東南アジアの中で英語を使う環境が多く、経済規模も大きいため日本企業や外資系企業が数多く進出し、就職のチャンスが多いのが特徴です。フィリピンについも現在東南アジアで最も成長している国で、日本企業の進出が加速している、就職しやすい国です。

カナダ留学の後、英語力が向上した時点でのアジアでの就職が有効です。ぜひアジアでの就職を検討ください。 

2ヶ国留学をお考えの方

BRAND NEW WAY は、フィリピン、マレーシアとカナダの語学学校と提携し、学校手配をはじめとした留学サポートをご提供しております。2ヶ国留学をご希望の方は、ご相談は以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

カナダ留学・ワーキングホリデー無料相談

カナダ留学のススメ ビクトリア留学のススメ バンクーバー留学のススメ ウィスラー留学のススメ
ケロウナ留学のススメ カルガリー留学のススメ ウィニペグ留学のススメ ロンドン留学のススメ
トロント留学のススメ オタワ留学のススメ モントリオール留学のススメ ケベック留学のススメ
ハリファックスのススメ PEI 留学のススメ    
ニューヨーク留学のススメ 大学英語留学のススメ 2ヶ国留学のススメ