カナダ留学進学ワーホリビクトリアバンクーバーカルガリーロンドントロントオタワモントリオールハリファックスフィリピンセブ留学手配手数料無料 HOME
カナダ最大留学エージェント BRAND NEW WAY 留学相談お問い合せ学校料金お見積もり


カナダ都市別ガイド ビクトリア バンクーバー ケロウナ カルガリー ウィニペグ
ロンドン トロント オタワ モントリオール ケベック ハリファックス
HOME留学情報カナダ留学のススメプリンスエドワード島留学のススメ

カナダ都市紹介
カナダ留学スタイル
カナダワーキングホリデー
カナダ語学学校
カナダ専門学校
カナダカレッジ
カナダ大学
カナダ大学院
カナダ大学附属語学学校
カナダ高校留学
アジア
フィリピン





プリンスエドワード島留学のススメ

プリンスエドワード島はカナダの田舎を堪能したい方にお勧めの街です

プリンスエドワード島は、広大なカナダの東端、セントローレンス湾内にあり、そこにまるで時が止まったかのような、のどかで何か懐かしさを感じ振る風景が広がる島です。この美しい島を舞台に生まれた 『赤毛のアン』 に魅せられた人にとっては、物語の世界がそのままに広がる憧れの場所でもあります。

プリンスエドワード島は温暖な気候と肥よくな赤土に恵まれ、別名 『花の島』 と云われるように、早春から夏の終わりまで、それはもう色とりどりの花が島を覆い尽くします。また世界中に輸出されているポテトの島として知られています。加えてカナダ建国会議が行われた歴史的な島でもあります。

プリンスエドワード島が観光地として賑わうシーズンは 6 月から 9 月上旬までです。特に欧米から避暑を目的に集まってくる 8 月はおすすめのシーズンです。

プリンスエドワード島は周りを海で囲まれた箱庭のような景観が共感を呼ぶせいかもしれませんが、プリンスエドワード島を訪れる日本人の多くは、他の外国では味わえない不思議な親しみと懐かしさを感じるそうです。また、プリンスエドワード島を訪れた旅人は、必ずまたの再訪を誓うと言われています。 『ずっと探していたものがやっと見つかった』 そんな強烈な衝撃を受けずにはいられないほど素晴らしく叙情的な島な事だけは確かです。

学習環境 語学学校は私立が 1 校しかない
英語環境 ★★★★ 英語環境を作りやすい
気候 ★★★★★ 夏も冬もとても過ごしやすいです
自然 ★★★★★ 街も含めて大自然に囲まれている
エンターテイメント ★★ 観光地としては見どころが多いが、それ以外は乏しい
物価 ★★ 物価はやや高め、特に家賃が高め
治安 ★★★★★ とても良好です
暮らしやすさ ★★ 生活には困らないが日本のものは手に入りにくい
仕事の得やすさ ★★ 高い英語力が必要で、仕事を得るのはやや難しい

見所

プリンスエドワードアイランド州の州都であるシャーロットタウンは州都とはいえ小さな街なので市内の観光は徒歩で充分です。特に見所は、Grafton St x Queen St にあるコンフェデレーション・センター周辺に集中しています。赤毛のアンで有名なキャベンディッシュやシャーロットタウン郊外のビーチなどへはレンタカーが便利です。

Visitor Information Center
シャーロットタウンのダウンタウンにある観光スポットの一つ、ファウンダーズ・ホール内にある観光案内所。シャーロットタウンの資料の他、PEI 各地の資料・地図なども入手可能です。

6 Prince Street, Charlottetown Tel 902-424-4248  http://www..gov.pe.ca/visitorsguide/

アクセス・交通

日本から
プリンスエドワードアイランドは日本からの直行便は無く、トロントやハリファックスを経由するのが一般的。トロントからはエアカナダが 1 日 1、2 便運航しており、所要時間は約 2 時間 10 分、ハリファックスからは 1 日 2-3 便で約 40 分。

シャーロットタウン空港 (Charlottetown Airport)
シャーロットタウン市内から北に約 8km。
移動手段はタクシーのみです。(一人:$12、二人:$16)
シャーロットタウン空港: http://www.flypei.com
エア・カナダ: http://www.aircanada.com

カナダ国内
トロントやモントリオールからアクセスする場合、飛行機が一般的です。列車であれば、モントリオールからモンクトンやハリファックスまでとなり、そこから長距離バスやフェリーを利用しなければなりません。

列車
トロントやモントリオールからは、VIA鉄道が運行しています。(オーシャン号)
モントリオールから 火曜を除く 1 日 1 便、所要約 21 時間(ハリファックスまで)、約 16 時間半(モンクトンまで)
VIA鉄道: http://www.viarail.ca

長距離バス

モントリオールからはオルレアン・エクスプレスでリヴィエール・ドゥ・ルーまで行き、アカディアン・ラインズに乗り換え、ハリファックスに行きます。ハリファックスからは、同じくアカディアン・ラインズを利用するか、PEI エクスプレス・シャトルでシャーロットタウンに向かいます。VIA 鉄道でモンクトンまで来た場合は、モンクトンからも長距離バスが運行しています。

モントリオールから 1 日6-7 便、所要約 5時間 -7 時間(リヴィエール・ドゥ・ルーまで)
リヴィエール・ドゥ・ルーから 1 日 2 便、所要約 13 時間 -14 時間(ハリファックスまで)
ハリファックスから 1 日1 便、所要約 5 時間(シャーロットタウンまで)
モンクトンから 1 日2-3 便、所要 3 時間 - 4 時間(シャーロットタウンまで)
オルレアン・エクスプレス: http://www.orleansexpress.com
アカディアン・ラインズ: http://www.acadianbus.com
PEIエクスプレス・シャトル: http://www.peishuttle.com

レンタカー

プリンスエドワードアイランドはハリファックスからは車で約3時間半ですが、モントリオールからは約 12 時間、途中休憩などを含めると約 16 時間かかるので、アトランティック・カナダ各都市へのアクセスは VIA 鉄道か長距離バスがお勧めです。

市内交通
シャーロットタウンには鉄道はありません。市内の観光は徒歩で充分ですが、交通機関を利用するのであればシャーロットタウン・トランジットのバスを利用しましょう。赤毛のアンで有名なキャベンディッシュをはじめとした郊外へは、シャーロットタウンからタクシーやレンタカー、他、ビーチ・シャトルと呼ばれる 15 人乗りのミニバンを利用するのが一般的です。
シャーロットタウン・トランジットhttp://www.triustransit.ca/schedules/charlottetown_transit
シャーロットタウン・トランジット路線図http://triustransit.ca/sites/default/files/MAP_EMAIL.pdf

観光地

Province House (プロビンス・ハウス)

歴史的建造物として保存されている、1847 年築の州議事堂。1864 年にはカナダ連邦結成の代表者会議が行われ、連邦誕生の間と呼ばれる会議室があります。

2 Palmer's Lane 
Tel 902-566-7626
http://www.pc.gc.ca/eng/lhn-nhs/pe/provincehouse/natcul/natcul1.aspx
OPEN: 6月・9月-10月 毎日 9:00-17:00
7月-8月 毎日 8:30-18:00
10月-5月 月-金 9:00-17:00 料金 無料(寄付制)
料金: 無料

Founders Hall (ファウンダーズ・ホール)
シャーロットタウンのダウンタウンにある歴史アトラクション施設。カナダ連邦結成からヌナブト準州誕生までの歴史が最新のAV機器により解り易く解説されています。

6 Prince St Tel 902-368-1864  http://www.foundershall.ca
OPEN: 6月・9月-10月 毎日 9:00-17:00
7月-8月 毎日 8:30-18:00
10月-5月 月-金 9:00-17:00
料金: $7

Beaconsfield Historic House (ビーコンズフィールド)

ビクトリア公園の遊歩道の入り口にあるのが 1877 年に建造されたビクトリア様式の邸宅である、ビーコンズフィールド。25 の部屋と 8 つの暖炉や豪華なシャンデリアなどが見学できます。

2 Kent St Tel 902-368-6603  http://www.gov.pe.ca/peimhf/
OPEN: 7月-8月 毎日 10:00-17:00
9月-6月 月-金 12:00-16:00
料金: $4.25

Victoria Park (ビクトリア公園)
高級住宅街の近くにある、シャーロットタウンで一番大きな公園。海沿いには遊歩道が整備されており、地元の人々の散歩やジョギングコースとなっています。

シャーロットタウン・ダウンタウン

郊外

Green Gables House (赤毛のアンの家)

アンが少女時代を過ごした 『グリーン・ゲイブルス』 のモデルとなった家で、もともとはモンゴメリの親戚であるマクニール兄妹が暮らしていた。家周辺には恋人の小径やお化けの森と呼ばれる散歩道があります。

Rt. 6, Cavendish シャーロットタウンから車で約30分
Tel 902-672-6350 http://www.pc.gc.ca/eng/lhn-nhs/pe/greengables/index.aspx
OPEN: 5月-10月 毎日 9:00-17:00
料金: $7.25

Green Gables Post Office (グリーン・ゲイブルス郵便局)
モンゴメリが暮らした祖父母の家の郵便局を再現した建物で、内部は当時の郵便局の様子がわかる博物館になっています。

Rt. 6 and Rt.13, Cavendish シャーロットタウンから車で約40分 Tel 902-886-2884 
OPEN: 開場時間 5月-10月 月-金 9:00-17:00 土 9:00-13:00 日 13:00-17:00
料金: 無料

L.M.Montgomery Birthplace (モンゴメリの生家)
1874年11月30日にモンゴメリが生まれ、祖父母に引き取られる1年9ヶ月を過ごした家。モンゴメリの着たウェディングドレスのレプリカやスクラップブックが展示されています。

6461 Rt.20, New London シャーロットタウンから車で約50分 Tel 902-886-2884 
OPEN: 5月-10月 毎日 9:00-17:00
料金: $2.5

博物館 / 美術館

Confederation Centre (コンフェデレーション・センター)
カナダ国民が一人¢15ずつ出し合い建設された総合文化センター。1万5000点以上の作品が収蔵・展示されているアートギャラリーには画家ロバート・ハリスやモンゴメリの資料も豊富に揃えられている。夏季には赤毛のアンのミュージカルも上演されています。

145 Richmond St. Tel 902-628-1864  http://www.confederationcentre.com
OPEN: <アートギャラリー>
10月-5月9日 水-土 11:00-17:00 日 13:00-17:00
5月10日-9月30日 毎日 9:00-17:00
料金: 無料(寄付制)

Green Gables Museum (グリーン・ゲイブルス博物館)
モンゴメリが大のお気に入りだったというこの家は、1911年に1階の客間でユーアン・マクドナルド牧師と結婚式を挙げた。現在ではモンゴメリ同様、客間で結婚式を挙げる事ができ、人気のプランとなっています。

Rt. 20、Park Corner シャーロットタウンから車で約60分
Tel 902-886-2884  http://www.annesociety.org/anne/
OPEN: 5月・10月 毎日 11:00-16:00
6月・9月 毎日 9:00-17:00
7月・8月 毎日 9:00-18:00
料金: $3

The Acadian Museum (アカディアン・ミュージアム)
1720 年代から現在に至るまでの約 300 年のアカディア人(プリンス・エドワード州、ノヴァ・スコシア州などを含むカナダ大西洋沿岸地域に入植されたフランス出身者)の歴史と文化が展示されている博物館です。

Miscouche, Summerside シャーロットタウンから車で約60分 Tel 902-432-2880
http://www.gov.pe.ca/peimhf/index.php3?number=1015697
OPEN: 9月-7月 月-金 9:30-17:00 日 13:00-16:00
料金: $4.5

Elmira Railway Museum (エルマイラ鉄道博物館)
プリンス・エドワード・アイランドの東部にあるエルマイラ鉄道博物館は、かつてこの島に鉄道があった頃の終着駅です。駅舎の中には1900年代初期当時の写真や備品などを見る事ができます。

Route 16A, Lot 47 シャーロットタウンから車で約90分
Tel 902-357-7234  http://www.gov.pe.ca/peimhf/index.php3?number=1015693
OPEN: シーズンにより異なる
料金: $4

Basin Head Fisheries Museum (ベイスン・ヘッド漁業博物館)
プリンス・エドワード東部の沿岸に位置するベイスン・ヘッドビーチ。砂の上を歩くと 『キュッ』 と鳴る鳴き砂として有名なビーチ。ここに建つ博物館では展示されている民芸品などを通じ沿岸漁業の歴史が見学できまs。

Basin Head, South Lake シャーロットタウンから車で約80分
Tel 902-357-7233  http://www.gov.pe.ca/peimhf/index.php3?number=1015692
OPEN: 9:00-17:00
料金: $4

宿泊

Charlottetown Backpackers Inn
60 Hillsborough St, Charlottetown Tel 902-367-5749  http://www.charlottetownbackpackers.com
料金: $29-

City Gardens B&B
114 Nassau St, Charlottetown Tel 902-892-7282  http://www.citygardenspei.com
料金: $30-

Misty Meadows Bed & Breakfast
RR #10, Box 6237, Charlottetown Tel 902-621-0820  http://www.mistymeadowspei.com
料金: $30-

レストラン / ショップ

Water Prince Corner Shop
新鮮なシーフードが安く味わえる、観光客にも人気の店。ハンバーガーなどの軽食から、ロブスターなど PEI のシーフードまで楽しめる。

141 Water St, Charlottetown Tel 902-368-3212  http://www.waterprincelobster.ca
料金: ディナー $25-

Sirenella
本場イタリア人がシェフを務めるイタリアン・レストラン。PEI で採れたシーフードを使った料理が中心。

83 Water St, Charlottetown Tel 902-628-2271  http://www.sirenella.ca
料金: ランチ $15- ディナー $25-

The Gahan House
自家醸造の6種類のビールが味わえるパブ。フードメニューはピザやパスタ、フィッシュ&チップスなどビールによく合うメニューが揃えられている。

126 Sydney St, Charlottetown Tel 902-626-2337  http://www.gahan.ca
料金: $15-20

Carr's Oyster Bar
キャベンディッシュ周辺、6 号線沿いにあるスタンレー・ブリッジを渡ったところにあるシーフード・レストラン。フィッシュ・マーケット経営なので新鮮なシーフードが味わえる。

32 Campbellton Rd, Stanley Bridge Tel 902-886-3355
料金: $15-

イベント情報

赤毛のアン - Anne of Green Gables

シャーロットタウンで 40 年以上続く、赤毛のアンのミュージカル。 6 月中旬から 9 月下旬の夏季のみコンフェデレーション・センターにて公演されている。1 日2 回上演で、所要約 3 時間。
Web http://www.confederationcentre.com

光の祭典
6 月下旬から 7 月上旬にかけて開催される、大道芸人や花火、露店などのイベント。シャーロットタウンはカナダ誕生の地であるため、7 月 1 日のカナダ・デーは特に盛大に祝います。
Web http://www.walkandseacharlottetown.com/festival-of-lights/

PEI・シェルフィッシュ・フェスティバル 
9 月中旬にシャーロットタウンで開催されるシーフード・フェスティバル。シェルフィッシュは特に、甲殻類のシーフードであり、牡蠣やムール貝、ロブスターなどです。名物シーフードが試食できるのも魅力です。
Web http://www.peishellfish.com

お問い合わせ

PEI についてのお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォームより気軽にお願いいたします。

カナダ留学・ワーキングホリデー無料相談

カナダ留学のススメ ビクトリア留学のススメ バンクーバー留学のススメ ウィスラー留学のススメ
ケロウナ留学のススメ カルガリー留学のススメ ウィニペグ留学のススメ ロンドン留学のススメ
トロント留学のススメ オタワ留学のススメ モントリオール留学のススメ ケベック留学のススメ
ハリファックスのススメ PEI 留学のススメ    
ニューヨーク留学のススメ 大学英語留学のススメ 2ヶ国留学のススメ