カナダ留学進学ワーホリビクトリアバンクーバーカルガリーロンドントロントオタワモントリオールハリファックスフィリピンセブ留学手配手数料無料 HOME
カナダ最大留学エージェント BRAND NEW WAY 留学相談お問い合せ学校料金お見積もり


カナダ都市別ガイド ビクトリア バンクーバー ケロウナ カルガリー ウィニペグ
ロンドン トロント オタワ モントリオール ケベック ハリファックス
HOMEビクトリア > ビクトリア基本情報

ビクトリア情報

基本情報

観光情報

生活情報

留学情報

現地サービス情報

便利帳

イベント・セミナー






ビクトリア基本情報

ビクトリアは、カナダのブリティッシュコロンビア州の州都です。同州南西部、本土からジョージア海峡を挟むバンクーバー島の南端部にあり、衛星都市も含む都市圏(グレータービクトリア)の人口は約33万5,000人(2003年現在)で、バンクーバー島では最大の都市です。

ビクトリアにはカナダ歴跡財産にも指定されたブッチャードガーデン、毎年恒例のJazz Festival、ホエールウォッチングなど見所やイベントが沢山あり、カナダ国内のみならず世界各地から年間数百万人の観光客が訪れます。 姉妹都市は日本の岩手県盛岡市。盛岡市の生んだ国際人新渡戸稲造博士(1862年〜1933年)が国際会議の帰途にビクトリアで客死した縁により1985年に盟約を交わしました。

ビクトリアはカナダの他都市に比べて英語が母国語の人の割合が非常に高く、英語環境で留学を考えている方には最適です。また人々が一般的にとてもフレンドリーで穏やかです。その親切さは、例えば道が分からず困っていると、自分の用事をそっちのけにしてまで、目的地までガイドしてくれる程です。温暖な気候と人々暖かさがビクトリアの住みやすい雰囲気を作っているのでしょう。

ビクトリアの歴史

ビクトリアは1778年にジェームス・クックに発見され、1840年代に英国植民地となり、イギリス女王の名を取ってビクトリアと名づけられました。その後1850年代に始まったゴールドラッシュで一攫千金を求め多くのヨーロッパ系、アジア系の人々が移住しました。その為街ではヨーロッパとアジアの文化を感じる歴史の跡が残っており、ヨーロッパ調の建物、カナダで一番古いチャイナタウン、トーテムポールなど数多く見受けられます。

ビクトリアはジェームス・クックに発見される前には、カナダの原住民“First Nation People”が多く住んでおり、ビクトリアから車で2時間ほどの街には、First Nation Peopleのシンボルであるトーテムポールの街、壁画の街などがあります。歴史の跡が今まだ強く残る建物と現代がミックスされたビクトリアは他の都市にはない雰囲気があり、これがビクトリアの人気の秘密ともいえるでしょう。

気候

ビクトリアはカナダで一番気候が穏やかで、1年を通して過しやすい街と言われています。冬は殆ど雪が降ることはなく、夏もカラッしていてとても快適です。すぐ隣の都市、バンクーバーに比べて降水量が少ないのも魅力のひとつで、1年の平均降水量は約665mm程です。この温暖な気候により、花、植物の栽培がしやすく、“ガーデンシティ”と呼ばれる所以です。

 

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

30℃
25℃
20℃
15℃
10℃
5℃
0℃
-5℃
-10℃
-15℃
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

最高 (℃)

7.2

8.2

10.2

12.8

15.5

18.2

20.1

20.1

17.5

13.2

9.4

7.4

最低 (℃)

3.7

4.0

4.8

6.2

8.1

10.1

11.3

11.4

10.1

8.0

5.5

4.0

降水量(mm) 102.2 76.7 51.1 36.1 34.2 25.5 16.1 23.8 25.9 66.9 130.8 109.2

春(4-6月) サマータイムが始まると一気に春の訪れを感じます。夏至の日の入りは21時頃で、22時前後までは明るいです。
夏(7-9月) それほど暑くならないですが、7月中旬から8月中旬は25度前後まで上がる日もあります。夜は15℃前後になり、やや肌寒くなる事もあります。
秋(10-12月) サマータイムも終わり日も短くなり、徐々に肌寒くなります。紅葉は10月中旬が見頃です。11月中旬から雪が降る事も増え、12月はかなり寒くなります。
冬(1-3月) 平均気温は日中は10℃前後、夜間は5℃前後で、日本とあまり変わらないほど温暖です。雪が降る事も稀です。

基本情報

人口 人口 市域 74,125 人(国内58位) 人口密度 3,765.6 人/km 広域圏 311,902 人(国内15位)
地理 面積 19.68km 広域圏 695.34km 標高 海抜 23m
姉妹都市 岩手県 盛岡市
スポーツ

ビクトリアにはメジャースポーツのチームはありませんが、ナショナルリーグチームがあります。
太平洋岸サッカーリーグ: ビクトリア・ユナイテッド
Western Hocky League: ビクトリアロイヤルズ

その他 時間帯 太平洋標準時(PST)、UTC-8
夏時間 太平洋夏時間(PDT)、UTC-7
市外局番 +1-250
経済 観光産業が盛んですが、近年はリタイア後の保養地、また避暑地として人気があり、経済を支えています。
治安 比較的治安の良いカナダでも、特に治安が良いです。特記すべき治安の悪いエリアもありません。
公式ウェブサイト City of Victoria - http://www.victoria.ca

アクセス・交通

日本から

日本からの直行便はありません。バンクーバーからの経由便かアメリカ経由となります。

ビクトリア国際空港 (Victoria International Airport)http://www.victoriaairport.com
※市内中心部から北へ約15km離れている。
シャトルバス
(YYJ Airport Shuttle)
市内への主なホテルへ 片道: $25
バス 空港から#83に乗り、Royal Oak Exchangeで乗り換え
#6、30、31、時間帯によっては70番台がダウンタウンに行く
タクシー 約 $60 + チップ

カナダ国内
ビクトリアはバンクーバー島にある為、鉄道での移動はフェリーでバンクーバー出る必要があります。長距離バスはビクトリアからカナダ各地に出ており、飛行機もビクトリア国際空港からトロント、カルガリー方面などカナダ各地に出ています。またビクトリアの港からBC州各地へ飛行艇(水上飛行機)のフライトがあります。

ビクトリアの空港が郊外にあるため、バンクーバー国際空港から、国内線で移動するよりも、短時間で移動が可能です。
Harbour Airhttp://www.harbour-air.com

長距離バス
ビクトリアのバスターミナルから長距離バスが出ており、カナダ各方面へ運行していますが、大抵途中乗換が必要になります。バンクーバーへはPacific Coachのバスが便利です。
バンクーバー Pacific Coachのバスで1日10便、所要3時間半、料金: 片道 $43、往復 $84
カルガリー 所要時間 約1日 毎日3本運行 乗り換え: 2回
Greyhoundhttp://www.greyhound.ca
Pacific Coachhttp://www.pacificcoach.com

フェリー

ビクトリアのダウンタウンから車で40分、サーニッチ半島最北部にあるシュワルツベイ(Swartz Bay)からBCフェリーの航路があり。メトロバンクーバーのデルタにあるツワッセン(Tsawassen)フェリーターミナルや、ジョージア海峡に浮かぶサザングルフ諸島(Southern Gulf Islands)の各島とを結びます。バンクーバーへは1日平均8本程運行しており、季節によっては10本以上出ています。

フェリーターミナルへは、ビクトリア市内からバス#70-72(直行)が出ていて、バンクーバーフェリーターミナルからバンクーバー市内までも公共バスが出ています。割高ですが、特急バス(PCL)の場合は、ビクトリア市内からバンクーバー市内まで直行で行けます(フェリー乗り継ぎあり)。また、この特急バスはウィスラーにも出ています。

ダウンタウンに程近いインナーハーバーからは、アメリカ・ワシントン州のシアトル、ポートエンジェルス、ベリングハム、サンファン島を結ぶ航路がある。
BC Ferries: http://www.bcferries.com
Pacific Coach: http://www.pacificcoach.com
Clipper Vacations : http://www.clippervacations.com/
Black Ball: https://www.cohoferry.com/

レンタカー

ビクトリア郊外、バンクーバー島を廻るならレンタカーが便利です。

市内交通
ビクトリアの主な交通機関はバスです。バスは市内を網羅しており、1ゾーンで1回$2.50です。

BC Transit BC Transit(Victoria Regional Transit System): http://www.bctransit.com/regions/vic/
バスルートマップ: http://www.bctransit.com/regions/vic/schedules/map.cfm

雑情報

言語 主に英語が使用され、フランス語を話す人は少ない。
治安

カナダで一番治安が良いといわれ、老後を送る人が移り住むほど。隣の都市、バンクーバーの様に特に治安の悪い所もなく、浮浪者も少ない。

出身有名人
デビット・フォスター ミュージックプロデューサー
ネリー・ファタード 歌手
ダイアナ・クラール ジャズピアニスト、ボーカリスト
パメラ・アンダーソン 女優
ジャスティン・チャットウィン 俳優
スティーブ・ナッシュ NBA選手

ビクトリア周辺

ビクトリア周辺の留学におすすめな街をご紹介します。

ナナイモ (Nanaimo)
ナナイモは、ブリティシュ・コロンビア州の州都ビクトリアから北へ車で1時間半程、バンクーバーから海を挟んで西側にある、バンクーバー島の東側に位置している港湾都市です。街の人口は8万人程となり、バンクーバー島では州都ビクトリアについで2番目に大きな街ですが、思った以上に田舎の自然を感じられる街です。

ナナイモは、ハーバーシティと呼ばれ、ナナイモのダウンタウンは海に面していて、目の前には広大な海とはカナダ本土、カナディアンロッキーを見渡せる自然あふれた環境です。年間を通して穏やかで暖かい気候で、避暑地として人気がある他、近くに国立公園があるなど、大自然が広がる環境でアウトドアスポーツが盛んです。

・ ビクトリアから車で1時間半。バンクーバーからフェリーで2時間ほど。空港もあります。
・ ビクトリアよりは町の規模が小さくなり、とても田舎に感じます。
・ 気候はビクトリアと同様年中穏やかで、さらに地形上風も強くなく、とてものどかで穏やかな環境です。
・ ビクトリアに比べて白人率(9割)が高く、ビクトリアより日本人やアジア人は少ないです。
・ 交通機関はバスとなりますが市内を網羅しており便利です。
・ アウトドアスポーツのメッカとして、様々なスポーツが楽しめます。
・ 日本専門食材店はないが、アジア系マーケットがあり便利です。
・ バンクーバー行きのフェリーがあるため、バンクーバーへの移動も楽です。

おすすめ語学学校
Vancouver Island University 附属語学学校
i http://www.bnwjp.com/school/university/vancouverislanduniversityenglish.html

コートニー (Courtenay)
コートニー(コートネイ)はナナイモは、ブリティシュ・コロンビア州の州都ビクトリアから北へ車で2時間半程、バンクーバー島の東側に位置している港湾都市です。街の人口は3万人程となり、人口以上にとても小さな町で、ダウンタウンは街を横切る道の両側の1キロほどしかない、本当に田舎の街です。

大自然以外本当になにもないと感じる街で、旅行でも訪れることはまずない街ですが、だからこそどっぷりと英語環境に浸り、カナダのスローライフを体験するにはもってこいの街です。

周辺はコモックスバレーと呼ばれ、隣町のコモックスと街は繋がっており、コモックスには空港があります。

・ ビクトリアから車で2時間半。ナナイモからは車で1時間程。空港もあります。
・ ビクトリアやナナイモよりももっと田舎で、カナダの田舎暮らし、最高の異文化体験が出来ます。
・ ダウンタウンもこじんまり。かわいいお店は多い。建物は規制があるのか似たような温かい木の感じを基調にした建物が目立ちます。
・ 白人(9割)ばかりでアジア人はほとんどいません。
・ 交通機関はバスとなりますが市内を網羅しており便利です。
・ 人がフレンドリーで治安もとても良いです。
・ 学費も生活費もお安めです。

おすすめ語学学校
North Island College 附属語学学校

i http://www.bnwjp.com/school/college/northislandenglish.html

お問い合わせ

ビクトリアについてのお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォームより気軽にお願いいたします。

無料相談フォーム