カナダ留学進学ワーホリビクトリアバンクーバーカルガリーロンドントロントオタワモントリオールハリファックスフィリピンセブ留学手配手数料無料 HOME
カナダ最大留学エージェント BRAND NEW WAY 留学相談お問い合せ学校料金お見積もり


カナダ都市別ガイド ビクトリア バンクーバー ケロウナ カルガリー ウィニペグ
ロンドン トロント オタワ モントリオール ケベック ハリファックス
HOME留学情報語学学校アジアフィリピンバギオHELP English

カナダ都市紹介
カナダ留学スタイル
カナダワーキングホリデー
カナダ語学学校
カナダ専門学校
カナダカレッジ
カナダ大学
カナダ大学院
カナダ大学附属語学学校
カナダ高校留学
アジア
フィリピン




HELP English

HELP English HELP English Language Program
ヘルプ・イングリッシュ・ランゲージ・プログラム


Longlong Campus
Lamtang LD, Longlong, La Trinidad City
63-74-423-2900
Clark Campus

Bldg 5272 C.M. Recto Highway, Clark Freeport Zone, Pampanga
63-74-423-0899
http://help-jp.org

設立 1996 年 生徒数 定員 430 名 講師数 65 名
資本 韓国 教室数 52 クラス 日本人スタッフ 2 名
国籍比率
日本 韓国 アジア アラブ 中南米 ヨーロッパ アフリカ フィリピン その他
10% 70% 10% 0% 0% 0% 0% 0% 10%
コース ・ESL 1-9 レベル
・TOEIC ・TOEFL ・IELTS ・OPIc ・ビジネス
学校設備 ・売店 ・カフェテリア ・クリニック ・自習室 ・インターネットルーム ・ジム ・バスケットボールコート
その他特徴 ・スパルタ
学費
 
無料見積     LINE 相談  
s
s
教育環境 生活環境 写真 / ビデオ 料金

バギオ クラーク

特徴
教育全般 講師 カリキュラム 教育施設 生徒の質 英語環境 国籍 価格
 
設備全般 宿泊施設 食事 スポーツ施設 サポートの質 周辺環境 アクティビティ インターン
         

創立 20 周年を迎えたフィリピンで最も歴史ある名門校 常勤率 9 割以上の質の高い講師陣
スパルタ教育発祥の学校 意識の高い学生が多い
フィリピンで最も優れた講師陣 学生の評価を基に講師の質を判断
平均講師勤務年数 5 年以上と、フィリピンナンバーワン クラークキャンパスへの転校が出来、2 都市滞在が可能
比較的国際色豊かな環境 郊外型の開放的で学習に集中できる環境
かなりしっかり勉強できる、しなくてはいけない環境 月に 1 回学生寮の部屋移動あり
多国籍学生の受け入れ体制が整っている 学生寮各フロアに乾燥機が設けられている
徹底された EOP 専用のスクールバスがあり、学生も利用可能
個々の学習スタイルに合わせたコース設定 静かな環境でストイックに勉強したい人におすすめ
プログレスノートを活用し学生の弱点に着目した授業 広場の池に金魚が泳いでいる
授業内容を自由にデザインできる 喫煙所が 1 箇所で分煙が徹底されている
選択できるコースが多い バギオ留学の総本山、とにかくしっかり勉強したい方へ
オリジナル教材を使用 バギオ留学で迷ったら総合バランスが最も高いこの学校

フィリピンで最も歴史あるフィリピン有数の名門校

HELP は創立 1996 年のフィリピンにある英語学校の中で最も歴史のある学校です。

フィリピン国内には数多くの学校がありますが、その中でも HELP は“厳しい学校”として有名です。学生を律して学習に集中しやすい環境を保つことはもちろん、留学中に不要なトラブルに巻き込まれることを避け、学生が安心して留学生活が送れることを考慮した上で校則が設けられています。

HELP は教育都市として名高いバギオにロンロン校を、首都マニラ近郊のクラーク経済特別区内にクラーク校を設けております。バギオ地域の大自然溢れる絶景地にあるロンロン校は、中上級者向けのキャンパスとして位置づけられ、スパルタ式英語教育により校則は厳しく保たれ、学習面は細やかに管理されています。

HELP では、スコア目標と学習目的に合わせて一人一人のカリキュラムを組むため、基礎が弱い学生には基礎を重点的に補い、応用力がある学生に対しては試験に必要な技術を指導します。一般英語コースはマンツーマンの授業時間数に応じて、ESL / Speaking Intensive / Light ESL の 3 コースを設け、マンツーマン授業では、英語の 4 スキルをバランスよく学ぶことができます。

広大な敷地を持つロンロン校の特徴は、学生寮やジム、カフェテリアなどの娯楽施設が全て一体となったキャンパス一体型の留学環境です。門限のルールが厳しく設けられておりますが、学校の外に出ずとも日常生活レベルであれば不便に感じることは少ないです。

また、ロンロン校は 「中上級者向けのスパルタ校」 として運営されており、学生のレベルの棲み分けがしっかりとなされています。近しいレベルの学生が揃うため、臆することなくコミュニケーションをとることができます。第一に 「安全」、第二に 「学習に没頭できる環境」 を考えており、学習、生活の両面を学校が管理するため、現地トラブルが不安な学生でも安心です。

バギオとクラークの 2 エリアにキャンパスを持つ HELP では、入学後も学生の要望に応じてキャンパス移動が可能です。クラーク校は初級から中級レベルの学生が多く集まるキャンパスとなっており、より上級レベルの環境での学習を希望される場合はバギオのロンロン校に移ることができます。ロンロン校の方がクラーク校よりも日本人比率が低い傾向にあるので、まずはクラーク校でフィリピンの留学生活に慣れ、ロンロン校でしっかり鍛えるというプランもおすすめです。

HELP では厳しい校則、学習面で多くが求められるにも関わらず、入学希望者が後を絶たない理由は、徹底した教育管理からきています。HELP には真面目な学生が多く集まるため、風紀ある学校で学びたい方、モチベーションの高い学生が集まる場で学びたい方には絶好の環境です。

HELP はフィリピンで最もスタンダードで、徹底的に英語力を磨くためのフィリピンらしいスパルタ校です。

授業時間

06:30-07:50 起床・朝食  
07:00-07:45 空き時間  
08:00-08:45 通常授業 マンツーマン授業 : Speaking
08:55-09:40 マンツーマン授業 : Writing
09:50-10:35 マンツーマン授業 : Reading
10:45-11:30 グループ授業 : Grammar
11:40-12:25 空き時間  
12:30-13:15 昼食  
13:25-14:10 通常授業 オンライン授業 : Online Reading
14:20-15:05 マンツーマン授業 : Listening
15:15-16:00 グループ授業 : Speaking
16:10-16:55 空き時間  
17:00-18:30 夕食  
17:05-17:50 オプション授業 (A) ※任意参加。参加しない場合、指定場所で義務自習
18:20-19:05 オプション授業 (B) ※任意参加。参加しない場合、指定場所で義務自習
20:00-21:00 単語テスト ※金曜は月曜-木曜のまとめテストです
21:00 パターン学習  
※時間割は一例です。コースやレベルによって時間割は変動します。

講師について

厳格な 7 段階にも及ぶ講師採用システムを通して講師の選抜を行なっています。定期的な講師へのトレーニングや教師の評価システムを通じ、学生の皆さんに最高水準の授業を提供しています。

HELP の教師の質が高い理由
・ 20 年以上の歴史から来る人事や教師育成のノウハウ。
・ 長期間勤務の教師が多く、各教師の経験の蓄積が豊富。
・ 教師のモチベーションが高く、学校のコンセプト 「スパルタ」 に適した教師のみ在籍している。
・ 充実した福利厚生など教師へのサポートにより優秀な教師が長期勤務しやすい環境。

高い英語力だけでなくプロの講師であること
英語講師であれば、きれいな発音や高い英語力をもっているのは当然です。それを土台にして、「授業の構成」、 「生徒のモチベーションの上げ方」、「わかりやすい説明」、「各専門知識」 などそういった方面にも意識を持つ講師を育成しています。

教師の質へのアプローチ
HELP では 「常勤講師率」 を重視しており、常勤講師が長く働きやすい環境を整えることによって、安定した高水準の教育を提供しています。夏や冬など学生が多くなる時期でも、同グループ内で講師を移動させることで、極力臨時講師を起用しない方針を採用しています。実際に HELP に勤務する講師の 80% 以上が 5 年以上の勤続年数を保っています。

特にテスト対策コースでは、グループの中でも講師に高い基準を求めています。講師の大半が勤続 5 年以上のベテランで、中には 10 年のキャリアを持つ講師も在籍します。なお、講師トレーニングは閑散期集中して行い、ティーチングスキルの向上に努めています。各試験対策コースを担当する講師には、通常のトレーニングとは別に専門のトレーニング及び勉強会を定期的に開催しています。

コースのご紹介

コース名 マンツーマン グループ オンライン Special 単語テスト 合計
Light ESL 2 コマ 2 コマ 1 コマ 2 コマ* - 7 コマ
ESL 4 コマ 2 コマ 1 コマ 2 コマ* 0.5 コマ 9.5 コマ
Speaking Intensive 5 コマ 2 コマ 1 コマ 2 コマ* 0.5 コマ 10.5 コマ
TOEIC / TOEFL / IELTS
*Advance コース有
4 コマ 2 コマ 1 コマ 2 コマ* 0.5 コマ 9.5 コマ

ESL コース

定番の一般英会話コースです。HELP ではマンツーマン授業数に応じて 「Light ESL」 「ESL」 「Speaking intensive」 の 3 コースを開講しています。 マンツーマン授業では英語の 4 スキル(読む・聞く・話す・書く)をバランスよく学びます。

Light ESL はマンツーマン 2 コマ、1:4 のグループ授業が 2 コマ、Special クラス 2 コマ、Intensive Reading (オンラインでのリーディング学習) が 1 コマのトータル 7 コマで HELP の中では最も授業時間数が短いコースです。

ESL はスタンダードな一般英語コースですが、Voca Test や Pattern Study が 30 分ずつ含まれ丸一日しっかり学習に取り組める内容となっています。

Speaking intensive はスピーキングをメインで勉強したい学生がマンツーマン 5 コマのうち 2 コマを Speaking に費やすことができるコースです。

なお、Online Reading とは、全てのコース、全レベルの学生を対象とした e-Learning 授業となります。各レベル、学習コンテンツが設定されています。空き時間に各自で学校の PC ルームに備え付けのパソコンを利用して受講いただく形となります。

テスト対策コース

TOEIC、TOEFL、IELTS など各種英語試験の試験対策プログラムです。

いずれの対策コースも Beginner と Advance の 2 種類に分けられます。Beginner と Advance の主な違いはモックテストの頻度で、Beginner は 2 週に 1 度、Advance は毎週となります。

Advance を選択される場合、学校が設けた規定以上のスコアを獲得していること、または HELP 在籍中に校内のモックテストにて規定のスコアに達した場合にのみ受講が可能です。Advance コースの学生にはより質の高い講師の授業を提供いたします。なお、在学中に Beginner の学生のステージが Advance と判断された場合、もしくは Beginner レベルの教科書を全てコンプリートした場合も、Advance へ変更となります。

マンツーマンレッスンでは、短期間に得点を上げるために、反復練習や点数上昇テクニックのトレーニングに特化しています。ステージが進む毎 に時間制限が厳しくなり、より短時間で正確な回答を導きだせるようになれます。テストのトレーニン グだけではなくスピーキングの授業も受講可能です。

グループレッスンは、各試験のトレーニングに特化した授業内容となっています。

また、IELTS 及び TOEFL に限り、8 週間もしくは 12 週間の点数保証コースを開講しているので、短期間で成果を出したい方には保証コースがおすすめです。

TOEIC
4 時間のマンツーマン授業は 「パート1.2」 「パート3.4」 「パート5.6」 「パート7」 に分けて授業を行います。基本的には演習型の講義です。学生の間違えた問題、理解が浅い問題に対して解説を中心に授業が展開されます。授業では、テスト攻略に必要な 「語彙教科」 「頻出フレーズ」 「解法のテクニック」 「時間配分」 を中心に学びます。学習の量と質より、スコアアップへのアプローチを行います。毎週末に実施される模擬試験で、定期的に成長を確かめることが可能です。

※元のスコアが600点以下の場合、4 週のコース受講で平均100点前後のスコアアップが見込めます。600点以上の場合、平均 50-80 点アップが見込めます。学生によっては 4-8 週で 200-300 点アップの実績があります。(例、550 → 850)

  1:1 Individual 1:4 Group Online Reading Special Class Voca Test Pattern Study Total
Beginner/
Advance
4 コマ 2 コマ 1 コマ 最大 2 コマ 0.5 コマ - 9.5 コマ

TOEFL
入学時にプレイスメントテストを行い、学生の校内レベルを Stage 1-5 までの 5 段階に振り分けています。グループ授業は同一レベルの学生で構成されます。また、授業で使用する教材もレベルによって決定します。(セクション間で能力にばらつきがある場合は、学生の各セクション能力に合わせて教材を充てます) 基本的には、レベルに合わせて授業展開が行われます。

なお、下級のステージでは正答率を上げることを狙いにしています。上級のステージに行くに伴い、問題の難易度が上がり、より時間配分を意識したレッスンになります。

  1:1 Individual 1:4 Group Online Reading Special Class Voca Test Pattern Study Total
Beginner/
Advance
4 コマ 2 コマ 1 コマ 最大 2 コマ 0.5 コマ - 9.5 コマ

Stage 1-2 (TOEFL iBT 30/40 未満) ※理解を深め、正答率を上げることを狙いとしています。
・消去法によるアプローチを中心に、テキストに沿って演習
・実際のテストと同様、生物学、心理学、芸術などのトピックを扱う
・全タイプの問題系統を網羅するまでは、1授業につき1問の演習
・初級レベルの語彙及びパラフレーズの増強
・テンプレートを意識した演習
・基礎的なライティングスキルについての確認(文法、表現、構造等)
Stage 3-4 (TOEFL iBT 50/65 未満) ※初級より難易度の高い問題を取り扱う。正答率をさらに上げ、時間を意識して問が解けるようになることを狙いとしています。
・指導方針は基本的に初級と同様
・初級より難易度の高い問題を取り扱う
Stage 5 Advanced ※時間を強く意識して、問題が解けるようになることを狙いとしています
・本番に近い形式で演習と解説を反復
・難易度の高い問を安定して解くためのテクニック指導

IELTS
入学時にプレイスメントテストを行い、学生の校内レベルを Stage 1-5 までの 5 段階に振り分けています。グループ授業は同一レベルの学生で構成されます。また、授業で使用する教材もレベルによって決定します。(セクション間で能力にばらつきがある場合は、学生の各セクション能力に合わせて教材を充てます) 基本的には、レベルに合わせて授業展開が行われます。

なお、下級のステージでは正答率を上げることを狙いにしています。上級のステージに行くに伴い、問題の難易度が上がり、より時間配分を意識したレッスンになります。

  1:1 Individual 1:4 Group Online Reading Special Class Voca Test Pattern Study Total
Beginner/
Advance
4 コマ 2 コマ 1 コマ 最大 2 コマ 0.5 コマ - 9.5 コマ

Stage 1-2 (IELTS 3.0/4.0 未満) ※理解を深め、正答率を上げることを狙いとしています。
・消去法によるアプローチを中心に、テキストに沿って演習
・実際のテストと同様、生物学、心理学、芸術などのトピックを扱う
・全タイプの問題系統を網羅するまでは、1授業につき1問の演習
・初級レベルの語彙及びパラフレーズの増強
・テンプレートを意識した演習
・基礎的なライティングスキルについての確認(文法、表現、構造等)
Stage 3-4 (IELTS 5.0/6.5 未満) ※初級より難易度の高い問題を取り扱う。正答率をさらに上げ、時間を意識して問が解けるようになることを狙いとしています。
・指導方針は基本的に初級と同様
・初級より難易度の高い問題を取り扱う
Stage 5 Advanced ※時間を強く意識して、問題が解けるようになることを狙いとしています
・本番に近い形式で演習と解説を反復
・難易度の高い問を安定して解くためのテクニック指導

特別授業(オプション授業)

講師 1 名に対して、学生 10-20 名の授業です。プログラム毎に複数の授業が開講され、ご自身の興味関心に応じて授業を選択いただけます。
「文法」 「発音」 「表現」 などの基礎学習内容のものから 「ダンス」 「ギター」 などの娯楽要素のある授業が展開されています。

クラス名 ターゲット 内容
Daily Expression Speaking 日常表現の学習
Pronunciation Speaking / Pronunciation 発音矯正及びその反復練習
Improve your listening Listening リスニングのテクニック講義
Grammar made easy Speaking / Grammar 学習者が陥りやすい文法ミスについて
Zumba / Dance Dance 英語によるダンス指導
Guitar practice Music 英語によるギター指導
※上記一例です。時期によって開講内容は異なる場合がございます。

各種テストについて

HELP では以下のテストが行われております。

プレイスメントテスト レベル判定の試験です。試験の結果で使用する教科書やグループ授業が振り分けられます。ESL コース受講者の場合、4 技能を測る試験です(筆記、エッセイ、面接)。テスト対策コースの場合、それぞれの試験の模擬試験を実施します。※入学時のタームはプレイスメントテストの結果によってレベル分けが行われますが、以降は毎週の模擬試験及び授業の習熟度を考慮してレベル分けが行われます。
模擬試験 隔週金曜日の放課後、TOEIC / TOEFL / IELTS の模擬試験を行っています(プログラム 1 週目及び 3 週目)。テスト対策コースの学生及び申込者は受験義務があり、欠席した場合ペナルティが発生します。テスト対策コース外の学生が試験を受ける場合は別途費用がかかります。※コース外の申込者の場合、徴収した費用は返金いたしません。
ボキャブラリーテスト ロンロン校では、平日毎晩単語テストを行っており、在学する学生は必ずテストを受ける必要があります。月曜日から木曜日までは録音形式、金曜日は筆記試験となり、月曜から木曜までに扱った内容の復習テストとなります。
校内でのレベルやコースに応じて、問題数や内容が異なります(25-45問)。

平日毎晩 20 時台に実施しますが、会場の都合上レベルやコースに応じて開始時間は異なります。指定の教室を利用し、個々に録音及び提出いただく形となります。所要時間は 5 分程度です。学校が提供する録音機材もしくは個人のスマートフォン等で録音いただきますが、個人のスマートフォンを利用して録音をする場合、データは USB メモリ等で提出となります。

(ペナルティ)
・欠席の場合は、一律 100 ペソの罰金 ※病欠等、正当な理由がある場合は減額または免除
・誤答 1 点につき 1 ペソの罰金 ※ 4 週毎のプログラム末にまとめて回収
・土曜の自習 1 時間につき 50 ペソを罰金額から減額可能
・不正および不相応な事があった場合、内容に応じて別途ペナルティ有り
学校のツボ!

フィリピンで一番歴史のある学校

HELP の創立は 1996 年。フィリピン国内で最大級の規模を誇る語学学校です。フィリピン国内で教育都市として有名なバギオ市にキャンパスを 1 校(ロンロン校)、マニラから 90 km に位置するクラーク経済特別区にキャンパスを 1 校 (クラーク校) 運営しています。キャンパス全体で700 名規模、その卒業生は現在に至るまでに 5 万名を超えています。体系的な教育管理と徹底された教育プログラムより、フィリピン労働雇用省技術教育技能教育庁 (TESDA) から認定を受けています。

キャンパス間の転校制度

バギオ、クラークに 2 キャンパスを持つ HELP では、隔週の入学指定日にてキャンパス間の転校を認めており、希望に応じて学習環境を変えることができます。転校を希望する場合、転校先でのプログラムが始まる 2 週間前までにオフィスにて申請をしてください。

ご注意
※施設・システム・風紀等十分に確認をした上で転校の申請を行ってください。
※夏休み・冬休みシーズンは空席の関係でご案内できないことがございます。
※転校先のキャンパスで4週間以上の滞在予定がある場合のみ転校は可能です。
※転校は片道です。元のキャンパスに戻ることはできません。
※転校に伴い研修費用に差額が発生する場合、転校前にキャンパスにて差額の支払いの必要があります。

スパルタ式の英語教育

HELP でスパルタ式の教育を採用する理由は、より多くの人に 「限られた期間の中での最大の結果」 を出していただくためです。濃厚なカリキュラム・真面目な学習環境は 「真剣に英語力向上を考える学生」 を集めます。学校でのカリキュラムを継続することで、英語学習は必ず実を結びます。また、厳しい環境で学ぶことによって得られるものも多いです。

キャリア、海外進学、ワーキングホリデー等、人によって英語を学ぶきっかけは様々ですが、英語に関わる部分では英語ができるに越したことはありません。スパルタ式は万人受けする手法ではありませんが、厳しい環境に身を置いて学びたい方には多くのメリットがあります。

English Only Policy (EOP)
ロンロン校の学生は平日 24 時間 EOP が課せられており、学校の敷地内では英語のみでコミュニケーションをとる必要あります。EOP を遵守できない場合は罰金が生じます。敷地内ではスタッフが常時見張りを行っておりますのでご注意ください。なお、オフィス内のみ母国語使用を認めていますが、日本人スタッフに対しても可能な限り英語をご使用ください。やむを得ず日本語を使わなければならない場合は校内マナーとして必ず一言英語で許可を取ってから日本語を使うようにしてください。違反者から徴収した罰金は、プログラム末のペナルティパーティー費用に充てられます。

在校確認 (土曜日・日曜日・祝日)
ロンロン校では、土曜真夜中 24 時、日曜 18 時に在校確認をしています (スタッフやボランティア学生によるルームチェック)。確認時に部屋で在籍が確認できない場合、ペナルティを課します (1-3 週間の外出禁止または除籍)。なお、平日抜き打ちの在校確認を行う場合がございますので、学外への無断外出は控えてください。

各種公式試験の受験をご希望の方へ

TOEIC の場合、学校で申し込むことができ、バギオ市内で受験可能です。TOEFL は各主催団体の公式サイトから個人で申し込む必要がありますが、バギオ市内で受験可能です。IELTS は IDP 主催の公式試験の場合、個人で申し込む必要があります。

地図



※Date Modified 2019/03/12

お問い合わせ

HELP English についてのお問い合わせは BRAND NEW WAY まで気軽にお願いいたします。

カナダ留学・ワーキングホリデー無料相談