カナダ留学進学ワーホリビクトリアバンクーバーカルガリーロンドントロントオタワモントリオールハリファックスフィリピンセブ留学手配手数料無料 HOME
カナダ最大留学エージェント BRAND NEW WAY 留学相談お問い合せ学校料金お見積もり


カナダ都市別ガイド ビクトリア バンクーバー ケロウナ カルガリー ウィニペグ
ロンドン トロント オタワ モントリオール ケベック ハリファックス
HOME留学情報語学学校アジアインド > インド留学のススメ

カナダ都市紹介
カナダ留学スタイル
カナダワーキングホリデー
カナダ語学学校
カナダ専門学校
カナダカレッジ
カナダ大学
カナダ大学院
カナダ大学附属語学学校
カナダ高校留学
アジア
フィリピン





インド留学のススメ

世界で一番安く英語を学べるのはどこかというと、実はインドです。

インド留学ではなんと学費と生活費合わせた留学費用が 1 ヶ月 3 万円ほどで通える学校もあります。またインドは 20 世紀初頭までイギリスの植民地であったため英語教育が盛んで、英語を話せる人の割合も高く、語学留学の穴場といえるでしょう。

またインドは世界の中でも経済発展が著しく、都市部では私達のインドのイメージとはかけ離れた高層ビルが立ち並び、日本企業も含めて多くの世界企業が進出するグローバルな環境を体験する上でもお勧めです。

インドでは観光ビザで最大半年の留学が可能で、学費も生活費も安く、またインド旅行のついでに 1 週間から入学する事もできるのも特徴の一つです。また日系企業も含めたインドの企業でのインターンも盛んですので、インドでキャリアアップに繋がる就業経験を積む事もできます。

もちろんインドへは日系企業も含め国際企業が多数進出し、世界中のグローバル企業で現地採用のチャンスがあるため、インターンシップも含めアジアでのグローバル企業の就職を目指す方には、インドはお薦めの国です。

新しい魅力をたくさん持つインド留学。こちらでインドの学校のご案内をすることで、インド留学をする方のサポートにつながればと考えております。

インド留学のメリット

インド留学のメリットはたくさんあります。

インド留学のポイントは、世界で一番安く留学ができる国である点です。学校によっての差はありますが最も安く抑えると学費、滞在費、生活費全て込で 1 ヶ月 3 万円から留学が可能です。

次に日本と全く異なる環境で留学の本質である異文化体験ができることです。インドの語学学校は日本人は殆どおらず、国際色豊かな環境であり、そして学校に通うインド人も多く、インド社会の側面を覗く事ができます。また日本と全く異なるインドの文化、社会体験をすることは、留学生の視野を格段に広げ、インドの社会で留学生活する経験は、グローバルな環境でのコミュニケーションスキルの向上にとても役立つでしょう。

そして、もしインドの社会で生き抜く力が持てたら、世界中からインドに集まるグローバル企業への就職もぐっと近づきます。

英語教育の歴史が長い かつてイギリス領だったインドでは、欧米の学校と同様に英語教育の長い歴史があり、英語学習の環境が整っています。
英語環境が整っている インドはかつてイギリス領だったこともあり、英語を使える人が多く、デリーやバンガロールなど都市部を中心には英語を使う機会が多く、学校以外でも英語を使う時間を多く持つことができます。
一方でフィリピンの場合、大卒者でないと英語が話せず、街では片言の英語しか通じません。
欧米資本の学校が多い 歴史的な背景もあり、アメリカ、イギリス、オーストラリア資本の欧米系の語学学校がインドで学校運営を行い、カリキュラムも欧米スタイルで行っている場合が多いです。
欧米と同じクオリティの英語学習 欧米系の資本の学校を中心に欧米スタイルの学校運営とカリキュラムを採用して授業を行っているため、欧米への語学留学とほぼ同等の学習効果が得られます。
費用は格安 インドは物価が安く、一般的な生活費は日本の 5 分の 1 程度となります。よって留学費用も同様、カナダと比べ 3-5 割程度に抑えられます。単純比較はできませんがフィリピン留学よりも割安です。
国際色豊かな環境 インドは英語教育の歴史が長いため英語教育が盛んで、そして語学留学生を数多く受け入れているため、実際に世界 100 ヵ国以上から留学生が集まり、国際色豊かな環境です。
日本人はほとんどどいない インドの語学学校の日本人比率はとても低く、一部の日系語学学校を除いて日本人学生在籍数ゼロという学校が多いです。
インド人と授業を受けられる インドの学校の学生の半数はインド人です。ただしインド人学生は裕福な学生が中心で、また元々義務教育で英語を学んでおり、日常会話には困らないレベルですが、学校に通う理由は欧米の大学への進学に必要な高い英語力を必要としているからです。彼らは生活水準も高いため、安心して友人も作りやすく、学校で仲良くなり、放課後は友人と英語で話す機会も作れますし、インドの社会体験にも繋がります。
一方で フィリピンではなかなか現地の人と交流の機会を持つことは難しいです。
自由時間が多い インドは欧米と同様のカリキュラムのため、1 日の授業時間は 5 時間程度となり、フィリピンに比べて短めなため、放課後の自由時間が多く持てますし、英語環境を活かして英語を使う機会を増やすなど、ご自身次第でより効果的な英語学習が可能です。
ホームステイができる インドでは滞在先を学生寮だけではなくホームステイも選べることが多いです。インドの現地の家庭での滞在は英語力を伸ばす上でも、インドの社会を学ぶ上でもお薦めな滞在方法で、また生活水準も高いので安全、安心な滞在が可能です。
欧米への進学に強い インドは英連邦に加入し、生活水準も高いため、古くから欧米の大学への進学に力を入れており、また欧米の大学と提携するインドの大学も多く、例えば 2 年間インドの大学で学び、2 年間は欧米の大学で学ぶといった大学編入制度も盛んです。
インドの大学は学費がとても安いため、インドの大学経由で欧米へ進学することもできます。この制度は日本人でも利用できるため、今後は日本人のインドの大学進学は確実に増えると予想されています。
インターンシップが盛ん 世界最多の人口を誇るインドは、日本以上に欧米や日本の企業進出が盛んです。また、インド企業も原則英語ベースでの仕事となるため、インターンの機会がとても多く、超一流のグローバル企業でのインターンがし易い環境です。
フィリピンでもインターンは可能ですが、やはりインターンの中心は旅行やホスピタリティ関連、発展途上国向けの NPO のボランティアといった内容が多めとなっております。
アジア就職に強い 世界最多の人口を誇るインドは、日本以上に欧米の企業進出が盛んで、更に日系企業も数多く進出しているため、またインド企業も原則英語ベースでの仕事となっている反面、特に日系企業では日本語と英語が使える人材不足に悩んでおり、日本ではなかなか就職できないような企業でも、インドでの現地採用のチャンスはとても多いです。

インド留学のデメリット

インド留学のハードルは日本人にとって高いといえます。

まず安全面はインドでの生活面に慣れさえすれば問題はないのですが、日本とのカルチャーショックも含め大きな隔たりがあります。ですのでインド留学はどんな困難に当たっても自分で解決するという強い意志が必要です。

そして、食事面でも生活面でも同様に日本の感覚を大きく変え、適応する必要があります。

だからこそ、インド留学を充実したものにできれば、大きな成果を得られること間違いなしです。

インド留学では英語学習以上にインドの社会経験を積むことが、留学の本来の目的であるグローバルな環境で通用する人材育成に繋がります。

マンツーマンではない インドでは英語教育の歴史が長く、そして欧米スタイルの英語教育が浸透していますのでレッスン形式はグループレッスンが中心となっております。
またもう一つの理由として、特に欧米系の学校は講師は多くがネイティブであり、またインド人講師の場合でも高い教育を受けているため、人件費は日本と同水準のため、講師の給料は日本並で、マンツーマンレッスンを行うと費用が高くなるという点で盛んではありません。
授業時間は短め フィリピン留学との比較となりますが、インドは欧米と同様のカリキュラムのため、1 日の授業時間は 5 時間程度となり、フィリピンに比べて短めとなります。
ただしインドの場合放課後にクラスメートや現地の方との交流で英語を使う機会が多く、授業で学んだ英語をアウトプットする機会が多いため、学習時間はあまり長くないほうがかえって英語力を伸ばせます。
専門コースは少なめ インドでは英語教育はその後の欧米進学対策のため、英語力上級の方は IELTS や TOEFL の試験対策か、進学準備プログラムの受講者が多い一方で、TOEIC や その他フィリピンで提供している語学留学生向けのコースや資格対策コースはあまりありません。
日本人カウンセラーはいない 日本人留学生がとても少ないため、ほとんどの学校には日本人カウンセラーがいません。ただし日本資本の学校には在籍しています。
自主性が求められる インドの学校は欧米と同様に、規則がほとんど無く、放課後は自由行動であること、そしてインドはとても暮らしやすくレジャーがたくさんあるため、誘惑が多い環境です。インドで留学の目的を達成するためにはご自身の自主性が重要です。
スパルタ制度がない インドにはフィリピンの学校のようなスパルタ制度はごく一部の学校しかありませんので 1 日中管理された環境での学習はできません。
治安は注意が必要 インドは治安が悪いイメージが有りますが実際には全く異なります。インドはカースト制度を用いているため貧富の差があり、カーストによって住める地域もある程度決まっています。語学学校のある場所は、日本並みに治安が整い、裕福な人々が暮らすエリアとなり、治安面は問題ありませんが、行かないほうが良いエリアや夜道の一人歩きはご注意ください。
生活水準は注意が必要 上記同様、貧富の差があるため、ホテルなどの滞在先や生活環境は大きく違いますので、あまり予算を抑えすぎず暮らしやすい環境を選ばれるようにしてください。
日本のものは手に入らない 日本のものはほとんど手に入りませんが、一方で中国系を中心に殆どの物は安価で手に入ります。生活には困りませんが現地で調達できないものもありますので、ご注意ください。
観光ビザで渡航できるが申請が必要 インドは観光ビザでも事前にビザ取得が必要となります。
また観光ビザは取得日より半年間有効となり、入国日から半年間ではないのでご注意を。

お問い合わせ

BRAND NEW WAY ではアジアの語学学校の情報提供のみをいたしております。理由はまだまだ情報の少ないアジア各国への英語留学の可能性を広げるためであり、現時点でエージェントとして手配代行業務を行っているわけではございませんのでご理解の程お願い致します。

※カナダ国内オフィスではアジア留学の取り扱いはございませんので、お問い合わせいただきましたら、東京オフィスよりご返信させていただきます。
※ご相談は各学校についての基本情報のご提供となります。学校詳細、料金や申込については各学校のお問い合わせ先のご案内をいたします。

カナダ留学・ワーキングホリデー無料相談